フォト

<古典『漢文』参考書>

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

<古代中国歴史を楽しく学ぶアイテム紹介>

  • ★日本を知る★【第1章】春秋戦国時代を理解するなら宮城谷昌光!… 【第2章】史記・左傳・諸子百家を読む!… 【第3章】電子書籍を利用する!… 【第4章】漢籍に必須な紙の字書を使う!… 【第5章】百聞は一見に如かず! 写真とイラストで見る文明史、歴史ドラマをTV・DVDで観る!… 【知慧珠・第6章】書き下し文・現代語訳を電子図書館から見つける! デジタルコレクション、Google books、Internet Archive … 【第7章】漢籍データベースから目的の漢文を見つける!… ★【速攻で漢文の原文・書き下し文・現代語訳(一部英訳)を知るアイテム「漢籍蟲洞」(かんせきちゅうどう)】… ★【速攻で漢文の原文・書き下し文・現代語訳の書かれた本ブログ記事がすぐ見つかる・記事全文を対象としたサイト内検索機能「ココログ最強検索by暴想」】…
無料ブログはココログ

<お勧めリンク>

<カテゴリー別記事・過去記事(月年別)>

◎本ブログの内容、テキスト、写真、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。

  • Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text, photographs, and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

« ◆【5】古代中国をビジュアルに知 る…図説中国文明史・時代劇ドラマDVD◆ | トップページ | ◆【7】「知る ・調べる・見つけたい」,「項羽・劉邦・史記・左傳」,「四文字熟語・故事出 典」=>漢籍データベース・Chinese Text Project…「中國哲學書電子化 計劃」を利用する(1)キーワー ドを含む漢籍を見つける(2)漢籍の相似文章を調べる(3)電子底本 を見よう◆ »

2015年10月22日 (木)

◆【6】先人の漢籍の知恵を電子図書館から借りる…国立国会図書館デジタルコレクション・Google books・Internet Archive「知慧珠」(漢籍リンク案内)◆

 
 

 
                      
 
 
--------------------

★「
書籍タイトル本ページ内から素早く見つけるには!★

(01) 本ページは文字データが多いため、電子書籍の「タイトル」名を検索すると、素早く目的の書籍「タイトル」が見つかります

(02) キーワードを以下「例」のように短く設定し(全角二文字程度
 「例」:傳、孝、礼、呉、孟、韓、列、易、孫、楽、春秋、史記、戦国、戦國、書経、尚書、唐詩、荘子、尉繚、哲学、支那、文選、漢書、叢書、など…

(03) ブラウザ附属の「ページ内検索」機能をご利用ください。
      (Internet Explorer) 左上「編集」->「このページの検索」
      (Fire Fox、Google Chrome) 右上「≡」->「検索」
      (Win) 「Control」+「F」
      (Mac)「command」+「F」
      (iPhone・Safari)画面上部 検索フィールドにキーワード○○を入力->画面をスクロール->このページ(X件一致)->「”○○”を検索」をタップ
 
 

↑← NEW  「全ブログ記事詳細検索」

IKAEBITAKOSUIKAブログ全記事
[570件強]タイトルおよび全文」を「キーワード(検索語)」で検索し記事を特定できるようになりました。
 


使い方・実例は以下記事参照…↓

      ◆ブログ記事全文検索機能「ココログ最強検索by暴想」をIKAEBITAKOSUIKA・烏賊蝦八爪魚西瓜のブログに導入…当然ですがGoogle・yahoo検索より強力です



  ページトップ・左カラム ->
     緑色四角
「古典『漢文』参考書」下 ->

         「サイト内検索」 -> 検索語を入力
    

-------------------------
  
  

古代中国の歴史を楽しく学ぶアイテム紹介

【目次】

  


【1】古代中国「春 秋 戦 国  時 代」を楽しみながら
自然と頭に入ってしまう小説
宮城谷昌光



【2】古代中国がさらに面白くなる一冊
史記・左伝・戦国策
諸子百家
 


【3】 漢籍に役立つ電子書籍を上手に活用する
Kindle Paper White
Google  Play


【4】漢籍・漢文に役立つ字書
新字源・字統・康熙 字典
古語辞典
 
 
【5】古代中国をビジュアルに知る
図説中国文明史
時代劇ドラマDVD


【6】 先人の漢籍の知恵を電子図書館から借りる

国立国会図書館デジタルコレクション
Google  books
Internet Archive
知慧珠

(漢籍リンク案内)

【7】「知る ・調べる・見つけたい」,「項羽・劉邦・史記・左傳」,「四文字熟語・故事出 典」=>漢籍データベース
Chinese Text  Project
…「中國哲學書電子化 計劃」を利用する
(1)キーワー ドを含む漢籍を見つける
(2)漢籍の相似文章を調べる
(3)電子底本 を見よう

  
  
  
  
  
  
  
  

【6】先人の漢籍の知恵を電子図書館から借りる…「知慧珠  
   
  
 

  kansekilink


 今、グーテンベルグの活版印刷にも匹敵するといわれる情報革命時代 である。



 インターネット普及に伴い、世界中の図書 館・博物館・公文書館・美術館・大学・NPO等による有形・無形の文化財をデジタル化して保存するデ ジタル・アーカイブス(digital archives)が活発となっている。
 20 世紀、博物館や図書館へ直接足を運び閲覧していた文化財を、21世紀になり個 人のパソコン・Webから、世界中の誰でも、どこの場所からでも、24時間、いつでも閲覧できる。


 漢籍・漢文もその恩恵を被り、目的とする漢籍の原文、検索、解説、書き下し文(訓読)が、専門家のみ ならず個人で容易に閲覧可能である
 本ブログでは、主に国立国会図書館が運営する「デジタルコレクション」を中心に有用な書籍を紹介する。


  膨大に蓄積され奈良時代から近代に伝わった、漢籍を読み解き世界や日本の歴 史を知ることは、 未来の自分や国の将来を知ることにも繋がる。
 


 日本人の英語力(文語)は戦後の教育で高まり世界中の情報を英語で取り込 むことが容易となり、結果として科学文化の興隆へと繋がったことも確かである。
 一方、戦前までは漢字を母国語とする日本人にとって漢籍は古く は平安時代より世界を知る一つの重要な言語手段(コミュニケーションツール)としてその 機能を果たしてきた。
 欧米由来の文化に東洋文化理解の鍵となる漢籍 を加え(温故知新)世界の歴史を幅広い視野で見ることも大切である。



 そこで、筆者"ikaebitakosuika"が個人で作成・利用していた漢籍リンク集を見直し新たに作成した、中学・高校で良く登場する漢文の「解説」と「書き下し文」を容易に見つけやすい、漢籍リンク集「知慧珠」を紹介する。


 著作権が切れた漢籍書籍は、戦前(1945年以 前)の旧漢字(=旧字体⇔新字体・新漢 字)、歴史的仮名遣(=旧仮名遣⇔現代 仮名遣)で書かれているが、中学・高校の国語・古文知識があれば充分読める
    


 尚、
現代(昭和以降)と主に明治・大正に出版された著作権満了書籍が中心となるデジタルコレクション(=電子化画像書籍)とでは、解釈が大 きく異なる、『詩経』に関しては、近年出版され入手・閲覧 が容易な書籍、例えば、牧角悦子 著『詩経・楚辞  ビギナーズ・クラ シックス 中国の古典 』角川ソフィ ア文庫、或いは、福本郁子 編『詩経  新書漢文大系 15 』明治書院等の現代解釈と、デジタルコレクションの解釈と、を比較・参照し、必ず違いを確認すること

関連ブログ記事->◆詩経(魏風)の"碩鼠"は租税取立役人それとも女性を大切にしない大飯食らいの男性を意味する?◆


  
 図書館で閲 覧可能現代解釈 詩経解説書として、明治書院・『新釈 漢文大系・詩経』上・中・下を参考まで下記に挙げる。

             


詩経〈上〉新釈漢文大系   詩経〈中〉新釈漢文大系   詩経〈下〉新釈漢文大系




 既に、本ブログ両サイド( PC閲覧)で、「お勧めリンク」と「インターネット電子図書館」に記したリンク集↓、

--------------------------------------------------- ------------------- -----------------

 
漢籍国字解全書』(早稲田大学出版部)★、
 
★『
国訳漢文大成』(国民文庫刊行会)★、

 
続・国訳漢文大成』(国民文庫刊行会)
 
国立国会図書館は2017年12月から2018年2月にかけ、『続国訳漢文大成「文学部」「経史子部」デジタルコレクションのインターネット公開開始。
 

★『漢文叢書』(有朋堂書店、博文館、光学館、至誠堂、玄黄社、弘道館[昭和漢文叢書]、宝文館、集文館、他
)+「日本の古典(漢籍補足目的)」★、
  
★『支那文学全書』(
博文館)★、
 
★『
漢文大系』(冨山房)★、
 
★『
史記国字解
』(早稲田大学出版部)★、
 
★その他…『
経書大講』、『易経大講座』、『啓蒙史記列伝』、『支那哲学叢書』、『和訳漢文叢書』、『頭註国訳本草綱目』、『The Chinese Classics』、『各種類書』、他漢籍関連書多数★

 
---------------------------------------------------- -----------------------------------

である。
 
  

 これら書籍の「漢籍名」を”タイトル”とし たが、一見してその 内容が分かり難いものは、筆者の判断でタイトル名に内訳を補い、初学者に分かり易いように” リンク名”とした。
 必要に応じ小文字で・補足という形で、説明・注意・情報を一部添えた
 同名書籍が複数あるとき、末尾に筆者が「a」「b」等を付け区別した。 
 これは【
電子化書籍利用に伴う注意】で詳述するが、「異なるスキャン状態による視認性を確認し、より使いやすい画像ファイル(電子書籍)を選択する」ためである。
  

 

 
 さらに、

---------------------------------------------------- ------------------------------ ---------
 
★漢文法を詳しく勉強したい人へ★

 
森通、松下大三郎
漢文法書」、荻生徂徠、小泉秀之助「同訓異義書」、そして、

★漢文・漢籍 全般に役立つ書籍★

 
歴史 辞典」、「歴史 地図」、その他(久保天隨、塚本哲三、児島献吉朗、小柳司気太、飯島忠夫、笹川種朗、森槐南、簡野道明、田中慶太郎、浜野知三郎、大槻文彦、James Legge、Arthur Waley等、「漢和辞典・国語辞典・古語辞典・故事成語辞典・各種参考書」、
 

--------------------------------------------------- -------------------- -------------------

を紹介。
  
 
 
 
 
 

=>「使い方」はここからスタート!!
 
 
 筆者が作成した、「リンク」(=書籍名)
クリックすると、国会図書館が運営している「国立国会図書館デジタルコレクションに繋がり書籍画面が現れる。

㊟ リンク名の後ろの[ ]内の数字は、国立国会図書館デジタルコレクション「コマ番号」、を筆者が便宜的に付けたものである。 索引が完備していないデジタルコレクション書籍の場合、索引代わりとして利用できる。

 もし、書籍画面が現れずに
公開範囲を聞いてきたら、「インターネット公開」の□をクリックし、再度「検索」を押す。

 左カラムに表示される「目次」で目的とす る文章を探すことができる
 尚、閲覧しているデジタルコレクション書籍を一気に全ページダウンロードすることは出来ないが、部分的なページのダウンロード(PDF)は可能である。 詳細は下記「利用法」を参照されたし。
 
 


 詳細 は、国立国会図書館デジタルコレクション 利用方法」を参照されたし。



----------------------------------------------------------------------
NEWS 近代デジタルライブラリーは2016年5月をもって終了し、国立国会図書館デジタルコレクションに統合された。
 
 従来のリンク先は新たなリンク先へ転送されます。
 リンク先(URL[#は除く])は、下記に示すように赤字部分のみ変更され、表示が「国会図書館デジタルコレクション」となり表示されるデータ内容に現時点で変化はありません。

     変更前:#http://kindai.ndl.go.jp/…
     変更後:#http://dl.ndl.go.jp/…

 尚、
公開範囲を聞いてきたら、「インターネット公開」を選び「検索」を押します。
----------------------------------------------------------------------




 但し、「国立国会図書館・デジタルコレクションのWeb公開書籍」に、筆者が探しても見当たらなかった書籍…すなわち、

 

 
デジタルコレクション無い書籍” は、

  
(1) 筆者が "
Google books" を検索し、リストに補った


 デジタルコレクションにある書籍でも、良く使いそうな書籍に限りGoogle booksを載せるようにした。
 通常、PDFファイルにダウンロードして利用する。
 リスト中、「Google ブックス」に
含まれる漢籍(主に慶應義塾大学 著作権保護期 間満了書籍は、デジタルコレクションと区別するため、”マークをリンク名の頭に付け区別した
 「Google ブックス」の詳細は、「
Google ブックス」の 「Google ブックスについて」を参照のこと。

 
  
 
Google books にも無い書籍” は、


(2) 筆者が "Internet Archive" を検索し、リストに補った


 リスト中、「Internet Archive」に
含まれる漢籍(主に、University Of Toronto Cheng Yu Tung East Asian Library)は、デジタルコレクションと区別するため、”Фマークをリンク名の頭に付け区別した
 通常、PDFファイルにダウンロードして利用する。
 
 
 他のデータベースやWebへのリンクも幾つか含まれるが、煩雑となるため説明は省略する。
 
 各自クリックしリンク先を確認されたし。
 
 
 
 
 
 

=>重要なお知らせ!!!

(利用前に必ずあなたが知るべきこと)



電子化書籍利用に伴う注意】…
 

(1) デジタル閲覧可能な漢籍の中には、原本が古いため保存状態が必ずしも良くないものが多数存在する
 経年変化で滲んだり不鮮明な印刷、虫食穴、変色、日焼け、頁の部分的或いは全部欠損した落丁書籍、印刷以外の個人的メモ書などである。

(2)一方、電子化作業に伴って生じる不具合もある。
 スキャン条件が悪く文字が切れたり滲(にじ)んだり歪んだり傾いたり人の手指が写り込むなど画像が不鮮明なもの、スキャン撮り直しで頁が飛んだり、ダブったり、さらにページの順序が逆になっている乱丁書籍も散見
される。
 書籍の電子化効率を優先し、スキャン速度を上げるため白黒スキャンでファイルサイズを節約したファイルも多く見られる。 この場合、コントラストが強すぎて漢字やルビの細かい部分が視にくい(予測し難い)ものも数多くある
 一方、カラースキャンを行ない文字の視認性を高めているものもあるが、その反面ファイルサイズが大きくなる(100MB超え)、という二律背反である
 以上のことを鑑(かんが)み、無料の電子図書館を利用すること
 
(3) とにかく頁の欠損した落丁書籍」の場合、同類・同名タイトルの他書籍をリンク・リスト「Google books」或いは「Internet Archive」で漢籍・漢文を読もう!…等から捜し閲覧することで対処しよう!


 
 
  
   


関連ブログ記事-> 「Google books」 と 「デジタルコレクション」 と 「Internet Archive」
 
 
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その1)先哲遺著(追補)『漢籍国字解全書』・早稲田 大学出版部◆
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その2)『国訳漢文大成』・国民文庫刊行会◆
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その3)『続 国訳漢文大成』・国民文庫刊行会 ◆
 
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その4)『漢文叢書(有朋堂文庫)』・有朋堂書店 ◆
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その5)『漢文大系』・冨山房◆
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その6)『 史記国字解』・早稲田大学出版部◆
 
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その7)『 和訳 漢文叢書』・玄黄社◆
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その8)『 新訳 漢文叢書』・至誠堂書店◆
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その9)『 支那文学全書』・博文館◆
 
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その10)『経書大講』・平凡社◆
◆「Google books」で漢籍 ・漢文を読もう!…(その11字書・文法・参考書
◆「Google books」で漢籍・漢文、江戸時代の故事成語を読もう!…(その12)・『世説故事苑』『分類羣書故事大全』『明丘瓊山故事必讀成語』◆  

◆「Google books」で漢籍・漢文、『論語・大学・中庸・孟子・書経・詩経・春秋』を英語訳で読もう!…(その13)・James Legge "The Chinese Classics"◆


   
 
 
◆「デジタルコレクション」と「Google books」で日本の古典を読もう!…(その1)校註『日本文学大系』・国民図書◆

◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その1)・有朋堂書店・日本古典全集刊行会・国民文庫刊行会・弘道館・他◆
◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その2)・『近代日本文學大系』・国民図書◆
◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その3)・『有朋堂文庫』・有朋堂書店◆

◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その4)・有朋堂書店・日本古典全集刊行会・日本名著全集刊行会・春陽堂・他◆
◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その5)・神宮司廳 編『古事類苑』・古事類苑刊行会、日本の古典を「分野別」に探す!◆


 
 

◆「Internet Archive」に含まれる影印古籍資料(白文)をタイトル名・時代・著者リストを眺めながら四庫分類別に選ぶことができるWebサイト…搜韻・影印古籍資料◆

鳳凰の姿を三才図会で観る…インターネット アーカイブ(Internet Archive)◆
◆「デジタルコレクション」で中国古典文学を読もう!…『支那文学大綱』・大日本図書ほか◆
◆「デジタルコレクション」で日本語訳中国古典哲学書」を読もう!…『現代語訳 支那哲学叢書シリーズ』新光社・支那哲学叢書刊行会◆

◆「デジタルコレクション」で中国古典『易経を読もう!…小林一郎 講述『易経大講座』・平凡社◆
◆「デジタルコレクション」と「Google books」とで江戸時代の故事を読もう!…『新鍥類解官様日記故事大全』・『増補註釋白眉故事』◆


◆「デジタルコレクション」で古文、篆書、隷書、楷書、行書、草書六書体を漢字の部首配列で引ける『書体字典』を利用しよう!◆
◆「デジタルコレクション」で漢文・漢籍に現れる歴史事項・用語を調べよう!…『東洋歴史大辞典全九巻・平凡社◆

◆「デジタルコレクション」で漢文法を攻略しよう!…松下大三郎の『標準漢文法』紀元社と森通の『一日一題 漢文解釈』三省堂◆
◆「デジタルコレクション」で和漢言語間の漢字同訓異義を知り漢文を攻略しよう!…荻生徂徠訳文筌蹄』須原屋書店+α文法書・伊藤東涯用事格 』◆



◆「デジタルコレクション」で江戸時代に通行した班固の『漢書』を読もう!…訓点付き漢書評林』和刻本◆
◆「デジタルコレクション」と「Google books」とで『文選』と 『千字文』を読もう!…『校定文選音註』『六家文選』『国訳漢文大成 文選・上中下卷』、『纂圖 附音増廣古注千字文』ほか◆
◆「デジタルコレクション」で五山の僧侶たちが読んだ『集千家註分類杜工部詩』…杜甫をテーマ別(門)に分類した漢詩集を読もう! ☆ 附:「杜甫」漢詩データベースと無料電子書籍◆

◆「デジタルコレクション『資治通鑑』」で紀元前403年[戦国時代初め]~紀元後959年[五代十国時代終り] 1,362年間の歴史に日本語訳で触れよう!…『続 国訳漢文大成 経子史部 第1巻~第16巻 資治通鑑』目録併せ全18巻・国民文庫刊行会◆


◆「デジタルコレクション」で漢籍・漢文を読もう!…(杜甫,白楽天,資治通鑑,  宋名臣言行録,貞観政要,他)『続 国訳漢文大成(文学部,経子史部)』・国民文庫刊行会・国立国会図書館-2018年2月公開-デジタルコレクション◆

  
◆「デジタルコレクション詩仙といわれた李白の詩を楽しもう!…『続 国訳漢文大成  李太白詩集』ほか無料電子書籍
◆「デジタルコレクション白璧微瑕といわれた陶淵明の詩を楽しもう!…『続 国訳漢文大成 陶淵明集』ほか無料電子書籍
◆「デジタルコレクション詩仏といわれた王維の詩を楽しもう!…『続 国訳漢文大成 王右丞集』ほか無料電子書籍
デジタルコレクション蘇東坡といわれた蘇軾の詩を楽しもう!続 国訳漢文大成 蘇東坡詩集』ほか無料電子書籍 
デジタルコレクション詩聖といわれた杜甫の詩を楽しもう!…『続 国訳漢文大成 杜少陵詩集ほか無料電子書籍
 

◆「デジタルコレクション」と「LibriVox」とで唐代三百年間を象徴する漢詩を「」と「」とから鑑賞しよう!…孫洙『唐詩三百首 (Three Hundred Tang Poems)』(朗読)・LibriVox free public domain audiobooks、塩谷温『昭和漢文叢書 唐詩三百首 新釈』弘道館(解説)・国立国会図書館デジタルコレクション=>『耳目連携索引付唐詩三百首』◆



 
◆「デジタルコレクション」と「Google books」で世界の聖典を読もう!…『世界聖典全集』・世界文庫刊行会◆
◆「デジタルコレクション」で世界の童話を読もう!…『世界童話大系』・世界童話大系刊行会と『世界童話叢書』・金蘭社◆
◆「デジタルコレクション」で世界の神話伝説を読もう!…『神話伝説大系』・趣味の教育普及会、今日の「神話」は明日の「歴史」となる…◆ 
  
 



◆「Internet Archive」で漢籍・漢文を読もう!…(その1)・先哲遺著(追補)『漢籍国字解全書』・早稲田大学出版部◆
◆「Internet Archive」で漢籍・漢文、司馬遷の『史記』を読もう!…(その2)・『史記国字解』・早稲田大学出版部、…(その3)・有朋堂文庫『漢文叢書・史記』・有朋堂書店◆

◆「Internet Archive」で漢籍・漢文を読もう!…(その4)・『漢文大系』・冨山房◆
◆「Internet Archive」で漢籍・漢文を読もう!…(その5)・有朋堂文庫『漢文叢書』・有朋堂書店◆
◆「Internet Archive」と「デジタルコレクション」で漢籍・漢文を読もう!…(その6)・『昭和漢文叢書』・弘道館◆

◆「Internet Archive」で漢籍・漢文を読もう!…(その7)・『頭註 国訳本草綱目』・春陽堂◆

 

 


古典『漢文』参考書、…『史記』『戦国策』『春秋左氏伝』『論語』『孟子』『荀子』『墨子』『老子』『荘子』『列子』『韓非子』『淮南子』『孫子』『書経(尚書)』『呂氏春秋』『晏子春秋』『蒙求』『十八史略』『唐詩選』など「漢文タイトルから素早く調べたいとき…↓
(一部、英訳にも対応
                   

☆ 古典『古文』参考書はこちら…↓

 
 
 
 

**********[Google ブ ックス・利用の骨(コツ)・その1]**********

 PC性能・Web通信環境に依 り「Googleブックス」ページのWeb閲覧 (オンライン)表示が遅いことがある。

 回避策として、「Googleブックス 」ページ右上ボタンギヤ=歯車=しなちく輪切り断面)より「PDFのダウンロード」を選び、ファイ ルをダウンロード(ファイルサイズ100~50MBで数十秒から数分程度) し、PCあるいはタブレット上でPDFファイルをじっくり読むという使い方が好ましい
 
 画像ファイルのサイズが大きいためスマートフォン・携帯はあまりお勧めできない
 通信量制限のないPCを使いPDFファイルをダウンロードしたほうがよい。
 
 
**********[Google ブックス・利用の骨(コツ)・その2]**********

 「Googleブックス」 (Google Books)を検索し閲覧できる本(著作権フリー) は、「Google  Playでも無料本として取り扱っている
 
 書籍を探す場合は、検索結果に類似書籍を表示できるGoogle Playを使い目的書籍を探し、そのあとGoogle Booksで探すという方法が便利だ。
 
 この際、両者共に、Googleの書籍を表す id=「英数字」は 共通である、ということを 利用し、URLGoogle Play からGoogle Booksへ変換して検索することがポイント。

 Google PlayURL=> #https://play.google.com/store/books/detais?id=英数字(頭の#除く
 Google BooksURL=> #https://books.google.co.jp/books?id=英数字(頭の#除く
 Google BooksURL=> #https://books.google.com.au/books?id=英数字(頭の#除く






 
 
 
Senjin_kannseki_top 

 
=>「知慧珠」書籍リンクはここからスタート!!

   
   


digicollection                               digicollection
       digicollection                digicollection
              digicollection  digicollection    
                           
= 「 Google ブックス
                        
Ф = 「 Internet Archive

  
 

  (ポイント)書籍を
利用するときは、著者が要約を記した「解題」を読むと理解が深まる。


    
   
  
★『
先哲遺著・漢籍国字解全書』・早稲田大学出版部・~1926年 ★
  




(第1巻) 孝経 [20]・大学[50]・中庸[82]・論語[131]



(第2巻) 孟子 [8]・帝範、臣軌[279]・朱子家訓[302]

 
 
Ф(第3巻) 易経_上・(附)易学啓蒙・階梯附言
 
Ф(第4巻) 易経_下・(附)本筮指南
 
  


(第5巻) 詩経 [8]・詩疏図解[295](陸氏草木鳥獣蟲魚疏図解)
  ・補足 『詩経』に見られる動植物に興味があれば、「国立国会図 書館デジタルコレクション」の『陸氏草木 鳥獣虫魚疏図解』、『毛詩名物 圖説』、『詩経名物図解』、も参考になる。



(第6巻) 尚書[8](=書経)



(第7巻) 小学[7]・童子通[297]



(第8巻) 近思録[9]・訓蒙用字格[246]

 ・補足 伊藤東涯『訓蒙用字格』は漢文句法の 解説書。「字格・用例数->46條」「・27」「・22」「・14」 「・10」「・12」「・5」「・14」「・5」 「・14」「・11」「・7」「・13」「・11」「 使・5」「・12」「・3」「・4」「・2」 「・1」「不可・20」「無不 ・5」「不能・10」「不復・6 」「不得・8」「不敢・6」「・2」「・2」「所以・5」「 ・11」以上の漢文句法が108頁に纏められている。 
 本書は、本記事「【2】古代中国がさらに面白くなる一冊」で紹介した西 田太一郎『新訂 漢文法要説』の重要な参考文献の一つに挙げられている。 同様に小川環樹・西田太一郎『漢文入門』 の参考文献にも、「漢文では、品詞の区別を議論するよりも、文字の排列法、 すなわち構文・語法、および漢字の語義・用法、とくに助辞についての知識を もつことが必要であるが、構文・語法については、伊藤東涯の『用事格』 [1734年。また漢籍国字解全書第八巻に収められている]が すぐれ、…」とある。



(第9巻) 老子[9]・荘子[55](内篇) ・列子[228]



(第10巻) 孫子[8]・唐詩選[184]
 ・補足 第10巻は荻生徂徠が『孫子』を解説、全く『孫子』のことを知らない人に徂徠が説く、わかり易くて丁寧な解説は、まさに「目から鱗が落ちる」という言葉にふさわしい 。
 
  


  
  
  
      
★『先哲遺著・漢籍国字解全書』・早稲田大学出版部 ・~1933年★
  


 
Ф(第11巻) 古文真宝
(第11巻) 古文真宝 前集

   
(第12巻) 古文真宝



(第13巻) 礼記(上)

(第14巻) 礼記(下)



(第15巻) 管子(上)

(第16巻) 管子(下)



(第17巻) 墨子(上)

(第18巻) 墨子(下)



(第19巻) 荀子(上)

(第20巻) 荀子(下)

 ・補足 性悪篇(227-256頁)は欠損しているため、~1917年の第23巻荀子を見るか、冨山房『漢文大系』第15巻 荀子巻第十七  コマ番号[334] 近代デジタルラ イブラリーを参照されたし。



(第21巻) 韓非子(上)



(第23巻) 戦国策(

(第24巻) 戦国策(

(第25巻) 戦国策(



(第26巻) 文章軌範

(第27巻)  文章軌範



(第28巻) 論語(

(第29巻) 論語(

(第30巻) 論語(



(第33巻) 春秋左氏傳(一)
(第33巻) 春秋左氏傳(一)a



(第34巻) 春秋左氏傳(二)




  
  
  
  
★『先哲遺著・追補・
漢籍国字解全書』 ・早稲田大学出版部・~1917年★


  
  
 
Ф(第13巻) 春秋左氏傳  
  
Ф(第14巻) 春秋左氏傳
 
Ф(第15巻) 春秋左氏傳
 
  

Ф(第16巻) 傳習録
 
Ф(第17巻) 楚辞師説
 
 

Ф(第22巻) 荀子 上
 
Ф(第23巻) 荀子 下
 
 
Ф(第24巻) 韓非子 上

Ф(第25巻) 韓非子 下
 
 


(第26巻) 礼記 (上)

(第27巻) 礼記 (下)



(第28巻) 荘子  上 (篇・篇)

(第29巻) 荘子  下 (篇・篇)




(第30巻) 唐宗八大家文読本  第一 (韓退之)



(第31巻) 唐宋 八大家文読本  第二 (柳宗元・歐陽脩

(第32巻) 唐宋 八大家文読本  第三 (蘇洵・蘇軾

(第33巻) 唐宋 八大家文読本  第四 (蘇軾・蘇轍・曾鞏・王安石




(第34巻) 文章軌範  (附)漁村文話・漁村文話続

(第35巻)  文章軌範



(第36巻) 十八史略(

 
Ф(第37巻) 十八史略(
)
  
  



(第38巻) 戦国策(

(第39巻) 戦国策(

(第40巻) 戦国策(



(第41巻) 国語 (上)
 ・補足 『春秋左氏傳』と補完関係にあ る『国語』の文章との違いを知るに、「第10章 国語と左伝との比較」[90] が 役立つ。

(第42巻) 国語 (下)




(第43巻) 淮南子(上)

(第44巻) 淮南子(下)

 
   
Ф(第45巻) 蒙求

  
 
 

◆「Google books」で漢籍 ・漢文を読もう!…(その1)・先哲遺著(追補)『漢籍国字解全書』・早稲田 大学出版部◆
 
◆「Internet Archive」で漢籍・漢文を読もう!…(その1)・先哲遺著(追補)『漢籍国字解全書』・早稲田大学出版部◆
 
   
  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
    
  
  
★『国訳漢文大成』・国民文庫刊行会・1924年 ->
原文は巻末
   
 ・補足 1923年福井市の順化尋常小学校を卒業し、住 み込みで一年間働いた白川静は、1924年春から夜学に通いながら『国訳漢文大成』の『楚辞』『唐詩選』『詩経』などを独学で読み原文を写し暗唱していた 。




(文学部 第1巻)  楚辞



(文学部 第2巻)  文選(巻)

(文学部 第3巻)  文選(巻)

(文学部 第4巻)  文選(巻)
 ・補足 巻二十一 書上 に、司 馬子長(=司馬遷)「任少卿に報ずる書」[59]、原文[427]有り。

◆「デジタルコレクション」と「Google books」とで『文選』と 『千字文』を読もう!…『校定文選音註』『六家文選』『国訳漢文大成 文選・上中下卷』、『纂圖 附音増廣古注千字文』ほか◆





(文学部 第5巻)  唐詩選

(文学部 第6巻)  三体詩
 ・補足 『三体唐詩』の略。 唐詩の 中から、七言絶句・七言律詩・五言律詩の三体を集めた詩集。




(文学部 第7巻)  唐宋八家文 上巻 (韓愈・柳宗元・欧陽脩 

(文学部 第8巻)  唐宋八家文 下巻 (蘇洵・蘇軾・蘇轍・曾鞏・王安石




(文学部 第9巻)  西廂記・琵琶記 



(文学部 第10巻)  還魂記・漢宮秋



(文学部 第11巻)  桃花扇



(文学部 第12巻)  晋唐小説
 ・補足 杜子春傳[229]・人虎傳 [337]・柳毅傳・離魂記・揚州夢記・紅線傳・長恨歌傳・海山記・ 捜神記・捜神後記・他多数。



(文学部 第13巻)  剪燈新話・餘話・宣和遺事




(文学部 第14巻)  紅楼夢(巻)

(文学部 第15巻)  紅楼夢(巻)

(文学部 第16巻)  紅楼夢(巻)




(文学部 第17巻)  長生殿・燕子箋




(文学部 第18巻)  水滸傳(巻)

(文学部 第19巻)  水滸傳(巻)

(文学部 第20巻)  水滸傳(巻)

 


  
  
  
   
(経子史部 第1巻) 四書・孝経 




(経子史部 第3巻) 詩経

(経子史部 第3巻) 詩経a

(経子史部 第3巻) 詩経b





(経子史部 第4巻) 礼記



(経子史部 第5巻) 春秋左氏伝 上巻
Ф(経子史部 第5巻) 春秋左氏伝 上巻
 
 

(経子史部 第6巻) 春秋左氏伝 下巻
Ф(経子史部 第6巻) 春秋左氏伝 下巻



(経子史部 第8巻) 荀子・墨子
Ф(経子史部 第8巻) 荀子・墨子
 
 


(経子史部 第10巻) 七書・鬼谷子・陸賈新語



(経子史部 第11巻) 淮南子





(経子史部 第15巻 、4版) 史記列傳(上巻)
 ・補足 伯夷列伝 第1~袁盎・鼂錯列伝41まで。

(経子史部 第15巻) 史記列伝 上巻

(経子史部 第16巻) 史記列伝



(経子史部 第17巻) 国語




(経子史部 第18巻) 晏子春秋・賈誼新書公孫龍子


 ・補足 『賈誼新書』の「過秦論(下)(中)」は、司馬遷『史記』「秦始皇本紀第六」の終盤に引用されている。 尚、『文選』「論類」(例えば->国訳漢文大成の文選下巻・巻の第二十六・論一)にも「過秦論(中)」がみえる。

 




★『国訳漢文大成』・国民文庫刊行 会・1925年、3版 -> 原文は巻末






(文学部 第18巻)  水滸傳(巻)

(文学部 第19巻)  水滸傳(巻)

(文学部 第20巻)  水滸傳(巻)
 ・補足 水滸伝の訳・注は幸田露伴が執筆。


  

(経子史部 第20巻 ) 呂氏春秋

(経子史部 第20巻) 呂氏春秋


◆「Google books」で漢籍 ・漢文を読もう!…(その2)・『国訳漢文大成』・国民文庫刊行会◆






★『国訳漢文大成』・国民文庫刊行会・1940年★


 
(第8巻 続文学部 第一輯)釋淸潭譯解「陶淵明王右丞集」、久保天隨譯解「李太白詩集」、鈴木虎雄譯解「杜少陵詩集」(全1,633頁)
[2018-02-01公開]






国訳漢文大成』・国民文庫刊行会・1928~1932年





(文学部 第1巻)李太白(=李白・詩仙)詩集
[2018-02-01公開] 国立国会図書館のインターネット公開開始日

(文学部 第2巻)李太白詩集
[2018-02-01公開]

(文学部 第3巻)李太白詩集
[2018-02-01公開] 

◆「デジタルコレクションで詩仙といわれた李白の詩を楽しもう!…『続 国訳漢文大成  李太白詩集』ほか無料電子書籍



  

(文学部 第4巻)杜少陵(=杜甫・詩聖)詩集 [2018-02-01公開] 

(文学部 第5巻)杜少陵詩集 [2018-02-01公開]

(文学部 第6巻の上)杜少陵詩集 巻の[2018-02-01公開]

(文学部 第6巻の下)杜少陵詩集 巻の
[2018-02-01公開]

 
デジタルコレクション詩聖といわれた杜甫の詩を楽しもう!…『続 国訳漢文大成 杜少陵詩集ほか無料電子書籍

◆「デジタルコレクション五山の僧侶たちが読んだ『集千家註分類杜工部詩』…杜甫をテーマ別(門)に分類した漢詩集を読もう! ☆ 附:「杜甫」漢詩データベースと無料電子書籍◆
 



 
(文学部 第7巻)韓退之(=韓愈)詩集
[2018-02-01公開]

(文学部 第8巻)韓退之詩集
[2018-02-01公開]




 
(文学部 第9巻)白楽天(=白居易・楽天)詩集 第1
[2018-02-01公開]

(文学部 第10巻)白楽天詩集 第2
[2018-02-01公開]

(文学部 第11巻)白楽天詩集 第3
[2018-02-01公開]

(文学部 第12巻)白楽天詩集 第4
[2018-02-01公開]




 
(文学部 第13巻)蘇東坡(=蘇軾)詩集 第1
[2018-02-01公開]

(文学部 第14巻)蘇東坡詩集 第2
[2018-02-01公開]

(文学部 第15巻)蘇東坡詩集 第3
[2018-02-01公開]

(文学部 第16巻)蘇東坡詩集 第4
[2018-02-01公開]

(文学部 第17巻の上)蘇東坡詩集 第5
[2018-02-01公開]

(文学部 第17巻の下)蘇東坡詩集 第6
[2018-02-01公開]

◆「デジタルコレクション」で蘇東坡といわれた蘇軾の詩を楽しもう!…『続 国訳漢文大成 蘇東坡詩集』ほか無料電子書籍◆




 
(文学部 第18巻)陶淵明(=陶潜・靖節・五柳先生)集・王右丞(=王維・詩仏)集
[2018-02-01公開]
 
◆「デジタルコレクションで白璧微瑕といわれた陶淵明の詩を楽しもう!…『続 国訳漢文大成 陶淵明集』ほか無料電子書籍

◆「デジタルコレクションで詩仏といわれた王維の詩を楽しもう!…『続 国訳漢文大成 王右丞集』ほか無料電子書籍




 
(文学部 第19巻)高青邱(=高啓)詩集 第1
[2018-02-01公開]

(文学部 第20巻)高青邱詩集 第2
[2018-02-01公開]

(文学部 第21巻)高青邱詩集 第3
[2018-02-01公開]

(文学部 第22巻)高青邱詩集 第4
[2018-02-01公開]

 
 
 
(文学部 第1巻) 李太白詩集 上巻


(文学部 第2巻) 李太白詩集

(文学部 第3巻) 李太白詩集 下巻



(文学部 第7巻) 韓退之詩集 上巻

(文学部 第8巻) 韓退之詩集 下巻



(文学部 第15巻) 蘇東坡詩集 第三巻

(文学部 第17巻の上) 蘇東坡詩集 第五巻

(文学部 第17巻の下) 蘇東坡詩集 第六巻



(文学部 第18巻) 陶淵明集: 王右丞



(文学部 第19巻) 高青邱詩集  第一巻

(文学部 第20巻) 高青邱詩集  第二巻

(文学部 第21巻) 高青邱詩集  第三巻

(文学部 第22巻) 高青邱詩集  第四巻









 『資治通鑑』(しじつがん)は北宋・司馬光が1,065年に編纂した歴史書。
 
 「周」・「秦」・「漢」・「魏」・「 晋」・「宋」・「斉」・「梁」・「陳」・「隋」・「唐」・「後梁」・「後唐」・「後晋」・「後漢」・「後周」・「附録」と、紀元前403年から紀元後959年まで1,362年間を編年体で纏めてある。
 現代では散逸した資料が含まれ正史と同様の価値があるといわれている。
 近年『資治通鑑』もデータ・ベース化され更にその活用頻度が高まっている。


(経子史部 第1巻)資治通鑑1[2018-02-01公開]

(経子史部 第2巻)資治通鑑 第2
[2018-02-01公開]

(経子史部 第3巻)資治通鑑 第3
[2018-02-01公開]

(経子史部 第4巻)資治通鑑 第4
[2018-02-01公開]

(経子史部 第5巻)資治通鑑 第5
[2018-02-01公開]

(経子史部 第6巻)資治通鑑 第6
[2018-02-01公開]

(経子史部 第7巻)資治通鑑 第7
[2018-02-01公開]

(経子史部 第8巻)資治通鑑 第8
[2018-02-01公開]

(経子史部 第9巻)資治通鑑 第9
[2018-02-01公開]

(経子史部 第10巻)資治通鑑 第10
[2018-02-01公開]

(経子史部 第11巻)資治通鑑 第11
[2018-02-01公開]

(経子史部 第12巻)資治通鑑 第12
[2018-02-01公開]

(経子史部 第13巻)資治通鑑 第13
[2018-02-01公開]

(経子史部 第14巻)資治通鑑 第14
[2018-02-01公開]

(経子史部 第15巻)資治通鑑 第15
[2018-02-01公開]

(経子史部 第16巻)資治通鑑 第16
[2018-02-01公開]

 
(経子史部 第17巻)資治通鑑目録
[2018-02-01公開]

(経子史部 第18巻)資治通鑑目録
[2018-02-01公開]
  

◆「デジタルコレクション『資治通鑑』」で紀元前403年[戦国時代初め]~紀元後959年[五代十国時代終り] 1,362年間の歴史に日本語訳で触れよう!…『続 国訳漢文大成 経子史部 第1巻~第16巻 資治通鑑』目録併せ全18巻・国民文庫刊行会◆

 
 
 
 
 『廿二史箚記』
(にじゅうにしさっき)は、清代の趙翼が書いた箚記(さっき=読書雑記の箇条書き)形式の書。
 中国の正史 二十二史の編纂形式や構成・内容を考証論評
した書物。

(経子史部 第19巻)廿二史剳記
[2018-02-01公開]

(経子史部 第20巻)廿二史剳記
[2018-02-01公開]

 


 『宋名臣言行録』
(そうめいしんげんこうろく)は、宋の朱子が著し、その弟子李幼武が補った宋の名臣の言行や逸話を記した書・伝記集。
 帝王学、あるいは
求められる臣下の姿・手本・教訓書として読まれることが多い。

(経子史部 第21巻)宋名臣言行録
[2018-02-01公開]
 
 
 
 
 『貞観政要』
(じょうがんせいよう)は、唐の呉兢撰、元の戈直注で、唐の太宗が群臣とかわした政治上の論議を、君道以下40門に分けて10巻に編した書。 中国の歴史上、最も繁栄していた時代の一つ、唐代の政治議論を知ることができる。

 治政の要を知るための書
として重んじられた。 「貞観」は太宗の年号(627-649年)。

(経子史部 第22巻)貞観政要
[2018-02-01公開]
 
 
 
 
 『読通鑑論』
(どくつがんろん)は、明末清初の王夫之が著した歴史評論。
 司馬光『資治通鑑』を対象に、秦から五代にわたる歴史上の事件や人物についての評論を主に著述
した書物。

(経子史部 第23巻)読通鑑論
[2018-02-01公開]

(経子史部 第24巻)読通鑑論
[2018-02-01公開] 





◆「デジタルコレクション」で漢籍・漢文を読もう!…(杜甫,白楽天,資治通鑑,  宋名臣言行録,貞観政要,他)『続 国訳漢文大成(文学部,経子史部)』・国民文庫刊行会・国立国会図書館-2018年2月公開-デジタルコレクション◆













…漢詩 補足…

 
『選註 蘇東坡詩集』・崇文館   

簡野道明 著『白詩新釋』(白居易) ・明治書院

簡野道明 著『唐詩選詳説(上)』・明治書院

簡野道明 著『唐詩選詳説(下)』・明治書院
 
◆「知慧珠」附: 古典『呂氏春秋・晏子春秋・蒙求・十八史略・唐詩選参考書

◆「デジタルコレクション」と「LibriVox」とで唐代三百年間を象徴する漢詩を「」と「」とから鑑賞しよう!…孫洙『唐詩三百首 (Three Hundred Tang Poems)』(朗読)・LibriVox free public domain audiobooks、塩谷温『昭和漢文叢書 唐詩三百首 新釈』弘道館(解説)・国立国会図書館デジタルコレクション=>『耳目連携索引付唐詩三百首』◆ 

 
簡野道明 著『和漢名詩類選評釈』・明治書院
 
 
森槐南 校閲・結城蓄堂(結城啄) 編纂『和漢名詩鈔』 ・文會堂書店

 
Ф新選名家詩集』・有朋堂文庫

 ・補足 詩集の末尾に『懐風藻』を附刊






◆「Google books」で漢籍 ・漢文を読もう!…(その3)・『続 国訳漢文大成』・国民文庫刊行会 ◆
  
  

  =  「Google ブックス
Ф =  「 Internet Archive


  
  
  
  
  
★『漢文叢書』・有朋堂(Y)、博文館(H) 、光学館 (K)、至誠堂(S) 、玄黄社(->★その他★を見よ)、弘道館(昭和
漢文叢書Kd) 、国民文庫刊行会(Kb)、宝文館 (Hb)、集文館(Sb)、三省堂(Ss) 、辻本尚古堂(T)、1910~1940年より書籍抜粋 ★

  





詩経・書経・易経 (Y ="有朋堂")
詩経・書経・易経
(Y)

詩経(毛詩国字辨)  第8冊
(H ="博文館")
 ・補足 趙の毛公が伝えた毛詩だけが伝えられ現存する『詩 経』となった。周初から戦国中期の詩。



礼記
(Y)
礼記   (Y)



論語   (K ="光学館")

新訳 論語・附索引 (S ="至誠堂")



論語(重訂 新四書俚諺抄) 第1冊 (H)

孟子(重訂 新四書俚諺抄) 第2冊 (H)

大学・中庸 (重改新添 四書俚諺抄)・孝経(古文孝経国字解) 第3冊 (H)






孟子 新釈 上巻 (Kd ="弘道館")

Φ 孟子 新釈 下巻  (Kd)



新訳 孟子・附 孟子索引 (S)


四書(大学・中庸・論語・孟子) (Y)
四書(大学・中庸・論語・孟子) (Y)



小学(小学句読口義詳解) 第9冊a [16] (H)
小学(小学句読口義詳解) 第9冊b
 [16] (H)



小学・孝経・孔子家語 (Y)




老子 新釈 (Kd)


老子・荘子・列子 (Y)
老子・荘子・ 列子  (Y)








管子 (Y)





韓非子 (Y)


墨子
(Y)


荀子 
(Y)
荀子  (Y)


晏子春秋・新序  (Y)


呂氏春秋 (Y)


淮南子   (Y)


説苑 (Y)




世説新語   (Y)



近思録・傳習録 (Y)
近思録・伝習録 (Y)


近視録(近思録集解便蒙詳) 第10冊 [14] (H ="博文館")




  
文章軌範・東莱博議 (Y)  



文章軌範 詳解全訳 (S="至誠堂")


酔古堂劒掃・菜根譚 (Y)

  

蒙求 (Y)
蒙求 (Y)


蒙求(補註蒙求国字解)  第7冊 (H)




古文真宝 前集(古文真宝前集抄) 第11冊 (H)

古文真宝 後集(古文真宝後集抄) 第12冊 (H)


古文真宝 前集・古文真宝 後集・楚辞 (Y)





古詩源 (Y)

 ・補足 黄帝含む先秦から隋代迄の古詩を清の沈徳潜が1719年に選んだもの。


唐詩選・三体詩 (Y="有朋堂")

唐詩選 注釈 (Hb="宝文館")

唐詩三百首 新釈 (Kd="弘道館")

唐詩選(唐 詩選講釈)・三体詩(三体詩抄) 第4冊 (H="博文館")



唐宋八家文読本 上巻(韓愈・柳宗元) (Y)

唐宋八家文読本 中巻(欧陽脩・蘇洵・蘇軾)
(Y)

唐宋八家文読本 下巻(蘇軾・蘇轍・曾鞏・王安石)
(Y)




  
  

六韜・三略 (Sb ="集文館")

七書 上巻   孫子・呉子・ 司馬法・尉繚子(評註図解 七書俚諺抄) 第5冊 (H)

 ・補足 武経七書合解大成俚諺鈔巻之一( 孫子)[29]・巻之六(呉子 上)[229]・巻之八(司馬法 前)[303]・巻之十( 尉繚子 上)[381]・他

七書 下巻   三略・六韜・太宗問答(評註図解 七書俚諺抄)第6冊 (H)

 ・補足 三略傳記[8]・武経七書合解大成俚諺鈔巻之十三 (三略上)[10]・同巻之十四(中略)[48]・同巻之十四(下略)[60]・同巻之 十五(文師第一)[79]・(盈虚第二)[86]・(国務第三)[90]・(大礼第四) [93]・(明徳第五)[95]・(六守第六)[97]・(守土第七)[100]・(守国第 八)[103]・同巻之十六(上賢第九)[106]・学賢第十[111]・発啓第十三[118] ・三疑第十七[134]・将威第二十二[155]・太宗二章[256]・太宗四章[263]・太 宗十六[328]・章・太宗十八章[373]

七書・鬼谷子a
(Y)
七書・鬼谷子b
(Y)

孫子 (Sb)



  

春秋左氏傳 上巻(隠公元年~襄公15年) (Y)

春秋左氏傳 下巻(襄公16年~哀公27年) (Y)

国語 (Y)

戦国策 (Y)

史記 新講 (Ss ="三省堂")


史記・第1(五帝本記・巻1~年表・巻22) (Y)

 ・補足 各年表データは、CTP ・史記・表を参照されたし。
史記・第1 本記・表 (Y)


史記・第2(礼書・巻23~晋世家第9・巻39) (Y)

 ・補足 礼書・楽書・律書・歴書・天官書 ・封禅書・河渠書・平準書、『史記』八書はこの巻。
 ・補足 史記・ 平準書漢書・食貨志の詳細は岩波文庫 加藤繁 訳・注『史記平準書・漢書 食貨志』を参照のこと。
史記・第2 書 ・世家 上 (Y)


史記・第3(楚世家第10・巻40~三王世家第30・巻60) (Y)

史記・第4(伯夷列伝第1・巻61~呂不韋列伝第25・巻 85) (Y)

史記・第5(刺客列伝第26・巻86~李将軍列伝第49・巻 109) (Y)



史記・第6(匈奴列伝第50・巻110~太子公自序第70・巻130) (Y ="有朋堂")
 
 
 
 
◆「Internet Archive」で漢籍・漢文、司馬遷の『史記』を読もう!…(その2)・『史記国字解』・早稲田大学出版部、…(その3)・有朋堂文庫『漢文叢書・史記』・有朋堂書店◆

 
 
 

列女傳・新続列女傳・女誠・女論語・内訓・女範捷 録 (Y)
 







Φ 通俗 漢楚軍団 (Y)
 ・補足 秦始皇帝から前漢恵帝即位まで。 明代『西漢通俗演技』の翻訳本。







十八史略 (Y)
十八史略
(Y)

  
新訳  十八史略  (S ="至誠堂")


◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その8)・『新訳 漢文叢書』・至誠堂書店◆










★…日本の古典(漢籍補足)… ★




古事記・ 祝詞・風土記 (Y="有朋堂")
古事記・祝詞・風土記
(Y)
 
 

仮名日本書紀・上巻 (大同館)    
仮名日本書紀・下巻 (大同館)     
 

日本書紀通釈・第1巻
日本書紀通釈・第2巻
日本書紀通釈・第3巻
日本書紀通釈・第4巻
日本書紀通釈・第5巻



続日本紀 巻上 
(朝日新聞)
続日本紀 巻下 
(朝日新聞)

 
 
神皇正統記・読史餘論・山陽史論
(Y)



日本外史 上   (Y)
日本外史 下   (Y)


Φ 日本外史 新釈 元冊
(Kd)
Φ 日本外史 新釈 亨冊
(Kd)
Φ 日本外史 新釈 利冊
(Kd)
Φ 日本外史 新釈 貞冊一
(Kd)
Φ 日本外史 新釈 貞冊二
(Kd="弘道館")


新訳 日本外史  (S ="至誠堂")



新訳 国史略   (S)




徳川光圀『大日本史』は、下記記事、No(19)~(23)を見られよ。

◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その1)・有朋堂書店・日本古典全集刊行会・国民文庫刊行会・弘道館・他◆




先哲叢談a (Y)
先哲叢談b (Y)


∇ 
万葉集 上巻  (Y)
∇ 
万葉集 下巻  (Y)


万葉図録(靖文社)



∇ 
平安朝物語集(竹取・伊勢・大和・落窪・住吉・ 唐)  (Y)


枕草紙・方丈記・徒然草  (Y)


今昔物語 前編 (T ="辻本尚古堂")
今昔物語 後編 (T)


∇ 
雨月物語・椿説弓張月   (Kb ="国民文庫刊行会")


狭衣物語 (Y)


∇ 
宇治拾遺物語  (Y)


太平記 上巻   (Y)
太平記 下巻   (Y)


∇ 
古今著聞集 (Y)





◆「デジタルコレクション」と「Google books」で日本の古典を読もう!…(その1)・校註『日本文学大系』・国民図書◆


◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その1)・有朋堂書店・日本古典全集刊行会・国民文庫刊行会・弘道館・他◆
◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その2)・『近代日本文學大系』・国民図書◆
◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その3)・『有朋堂文庫』・有朋堂書店◆
◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その4)・有朋堂書店・日本古典全集刊行会・日本名著全集刊行会・春陽堂・他◆
◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その5)・神宮司廳 編『古事類苑』・古事類苑刊行会、日本の古典を「分野別」に探す!◆



   

          
=  「Google ブックス    
          
Ф =  「 Internet Archive





==>
『漢文叢書』で調べる! 

 


==> 『漢文叢書』・有朋堂で調べる!
 
 
 
◆「Google books」で漢籍 ・漢文を読もう!…(その4)・『漢文叢書(有朋堂文庫)』・有朋堂書店 ◆

◆「Internet Archive」で漢籍・漢文を読もう!…(その5)・有朋堂文庫『漢文叢書』・有朋堂書店◆

 
 
 

==> 『漢文叢書』・博文館で調べる!  















★『支那文学全書』・博文館・ 1892年~1913年★

 
  
第01編『四書講義・上巻
第01編『大学・中庸・論語講義』四書講義・上巻
 
 
第02編『四書講義・下巻
第02編『孟子講義』四書講義・下巻
 
 
第03編『小学・孝経・忠経講義・全
 

 

第04編『老子・列子・孫子・呉子講義・全
第04編『老子・列子・孫子・呉子講義・全
 

 

第05編『韓非子講義・上巻
第05編『韓非子講義・上巻
 

 

第06編『韓非子講義・下巻
第06編『韓非子講義・下巻
 

 

第07編『荘子講義・上巻
第07編『荘子講義・上巻
 

 

第08編『荘子講義・下巻
 

 

第09編『正文章軌範講義・全
 

 

第10編『荀子講義・上巻
第10編『荀子講義・上巻
 

 

第11編『靖献遺言講義・全』 
 
離騒懐沙賦・屈平、出師表・諸葛亮、読史述夷斉章・陶潜、移蔡帖・顔真卿、衣帯中賛・文天祥、 初到建寧賦詩・謝枋得、燕歌行・劉因、絶命辞・方孝孺
 

 

第12編『唐詩選・三体詩講義・全
第12編『唐詩選・三体詩講義・全
 

 

第13編『続文章軌範講義・全
 

 

第14編『荀子講義・下巻
第14編『荀子講義・下巻
 

 

第15編『十八史略講義・上巻
 

 

第16編『十八史略講義・下巻
 

 

第17編『近思録講義・全
第17編『近思録講義・全
 

 

第18編『戦国策講義・上巻
第18編『戦国策講義・上巻
 

 

第19編『戦国策講義・下巻
第19編『戦国策講義・下巻』(書籍目録巻末有り)
 

 

第21編『詩経講義・全
第21編『詩経講義・全
 

 

第29編『史記列伝講義・上巻
 

 

第30編『史記列伝講義・中巻
第30編『史記列伝講義・中巻
 

 

第31編『史記列伝講義・下巻
第31編『史記列伝講義・下巻
 

 

第36編『墨子・文中子講義・全
第36編『墨子・文中子講義・全
  
 
  

◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その9)・『支那文学全書』・博文館

 

 

 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

★『漢文大系』・冨山房・ 1916年★



第1巻 論語・孟子・大学・中庸

 
   
Ф第2巻 古文真宝後集・三体詩・唐詩選
 
  
 
第3巻 唐宗八家文 上a
第3巻 唐宗八家文 上b

第4巻 唐宗八家文 下
 
  
Ф第5巻 十八史略・小学・孝経・弟子職  
 
 
第6巻 史記評林・史記列伝 上  [22]

第7巻 史記評林・史記列伝 下  [3]
 
  

 
第8巻 韓非子


Ф第9巻 老子・荘子
  
 
Ф第10巻 春秋左氏伝 上  
 
Ф第11巻 春秋左氏伝 下
 
   

Ф第12巻 毛詩・尚書
  

 
 
第13巻 列子 ・孫子・呉子・司馬法・尉繚子・李衛公問対・三略・六韜


第14巻 墨子  [38]


第15巻 荀子  [13]



第16巻 周易 [27]・傳習録[242]
 
 
第17巻 礼記  [10]
 
 
第18巻 文章軌範[6]・古詩賞析[201]
 
 
第19巻 戦国策 [12]
 
 
第20巻 淮南子[12]・孔子家語[326]


第21巻 管子[22]・晏子春秋[380]


第22巻 楚辞 [17]・近思録[305]


  
 

◆「Google books」で漢籍 ・漢文を読もう!…(その5)・『漢文大系』・冨山房
 
◆「Internet Archive」で漢籍・漢文を読もう!…(その4)・『漢文大系』・冨山房
  
  
 
 
  
 
  
 
 
 
 
 
 
  
  
  
★史記国字解 全8巻・早稲田大 学出版部・1920年★
 





史記国字解 第1巻 本紀(三皇本紀~)

 ・補足  三皇本紀、五帝本紀第一、夏本紀第二、殷本紀第三、周本紀第四、秦本紀第五、秦始皇本紀第六、項羽本紀第七、高祖本紀第八、呂后本紀第九、孝文本紀第十、孝景本紀第十一、孝武本紀第十二。
 
 


史記国字解 第2巻 十表・八書  
 
 ・補足  十表->三代世表第一、十二諸侯年表第二、六国表第三、秦楚之際月表第四 、漢興以来諸侯年表第五、高祖功臣侯者年表第六、惠景間侯者年表第七、建元以来侯者年表第八、建元以来王子侯者年表第九、漢興以来将相名臣年表第十。
 
 ・補足 八書->礼書第一、楽書第二、律書第三、歴書第四、天官書第五、封禅書第六、河渠書第七、平準書第八。
 
  

 
史記国字解 第3巻 世家 上


 ・補足  呉太伯世家第一、斉太公世家第二、魯周公世家第三、燕召公世家第四、管蔡世家第五[曹叔世家・附]、陳杞世家第六、衛康叔世家第七、宋微子世家第八、世家第九、楚世家第十、世家第十一、鄭世家第十二。
 
 
史記国字解 第4巻 世家 下


 ・補足  趙世家第十三、魏世家第十四、韓世家第十五、田敬仲完世家第十六、孔子世家第十七、陳渉世家第十八、外戚世家第十九、楚元王世家第二十、荊燕世家第二十一、斉悼恵王世家第二十二、蕭相国世家第二十三、曹相国世家第二十四、留侯世家第二十五、陳丞相世家第二十六、絳侯周勃世家第二十七、梁孝王世家第二十八、五宗世家第二十九、三王世家第三十。
 
 
史記国字解 第5巻  列伝 一


 ・補足  伯夷列伝第一、管晏列伝第二、老荘申韓[老子韓非]列伝第三、司馬穰苴列伝第四、孫子呉起列伝第五、伍子胥列伝第六、仲尼弟子列伝第七、商君列伝第八、蘇秦列伝第九、張儀列伝第十、樗里甘茂列伝第十一、穰侯列伝第十二、白起王翦列伝第十三、孟子荀卿列伝第十四、孟嘗君列伝第十五、平原君虞卿列伝第十六、信陵君[魏公子]列伝第十七、春申君列伝第十八、范睢蔡沢列伝第十九、楽毅列伝第二十、廉頗蘭相如列伝第二十一、田単列伝第二十二、魯仲連鄒陽列伝第二十三、屈原賈生列伝第二十四。
 
 
史記国字解 第6巻  列伝 二


 ・補足 呂不韋列伝第二十五、刺客列伝第二十六、李斯列伝第二十七、蒙恬列伝第二十八、張耳陳余列伝第二十九、魏豹彭越列伝第三十、黥布列伝第三十一、淮陰侯列伝第三十二、韓王信盧綰列伝第三十三、田儋列伝第三十四、樊酈滕灌列伝第三十五、張丞相列伝第三十六、酈生陸賈列伝第三十七、傅靳蒯成列伝第三十八、劉敬叔孫通列伝第三十九、季布欒布列伝第四十、袁盎晁錯列伝第四十一、張釈之馮唐列伝第四十二、萬石張叔列伝第四十三、田叔列伝第四十四。
 
 
史記国字解 第7巻  列伝 三


 ・補足 扁鵲倉公列伝第四十五、呉王濞列伝第四十六、魏其武安侯列伝第四十七、韓長孺列伝第四十八、李将軍列伝第四十九[李陵・附]、匈奴列伝第五十、衛将軍驃騎列伝第五十一[霍去病・附]、平津侯主父列伝第五十二、南越尉佗列伝第五十三、東越列伝第五十四、朝鮮列伝第五十五、西南夷列伝第五十六、司馬相如列伝第五十七{上}。
 
 
史記国字解 第8巻  列伝 四

  
 ・補足 司馬相如列伝第五十七{下}、淮南衡山列伝第五十八、循吏列伝第五十九、汲鄭列伝第六十、儒林列伝第六十一、酷吏列伝第六十二、大宛列伝第六十三、游侠列伝第六十四、佞幸列伝第六十五、滑稽列伝第六十六、日者列伝第六十七、亀策列伝第六十八、貨殖列伝第六十九、太史公自序第七十。
 
 





『二大漢籍国字解 第1巻 史記本記』・早稲田大学出版部  
   

『二大漢籍国字解  第2巻 史記十表八書』・早稲田大学出版部  
  
 ・補足
 『二大漢籍国字解』の内容は『史記国字解』と同じ。

 

 
 

◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その6)・『史記国字解』・早稲田大学出版部
 
◆「Internet Archive」で漢籍・漢文、司馬遷の『史記』を読もう!…(その2)・『史記国字解』・早稲田大学出版部、…(その3)・有朋堂文庫『漢文叢書・史記』・有朋堂書店◆
 
◆「デジタルコレクション」で江戸時代に通行した班固の『漢書』を読もう!…訓点付き漢書評林』和刻本◆

               

 


 
 
 
 


★その他 ★

 
 
 伊予国吉田藩士(現・愛媛県)の漢学者簡野道明(1865年~1938年)は、『故事成語大辞典』、そして我国のデファクト・スタンダードとなった漢和辞典字源』をあらわし、日本文化の発展に貢献した一人である。
 彼は教育者としても活躍し数多くの「漢籍書籍」を著述している。
 以下、簡野道明 著作 書籍より現代の初学者に適したものを選び挙げる
 尚、彼の全著作・校閲図書目録は”簡野育英会ホームページ”を参照されたし。
 
 
簡野道明 著『論語解義』・明治書院
簡野道明 著『論語解義』・明治書院
  
 
簡野道明 著『大学解義』・明治書院
簡野道明 著『大学解義』・明治書院
  
 
簡野道明 著『中庸解義』・明治書院
 
 
簡野道明 著『老子解義』・明治書院
簡野道明 著『老子解義』・明治書院

 
 
簡野道明 著『孟子通解』・明治書院a
簡野道明 著『孟子通解』・明治書院b
 
 
簡野道明 著『唐詩選詳説(上)』・明治書院
   
簡野道明 著『唐詩選詳説(下)』・明治書院
  
  
簡野道明 著『白詩新釋』(白居易) ・明治書院

簡野道明 著『和漢名詩類選評釈』・明治書院

 
 
  
 
 
 
 
経書大講・全25巻』・平凡社(1940年)の解説・講述文を探す!

 
 ・補足 小林一郎語り口調で著述した 経書解説書。-> 丁寧な解説が分かり易い。 中学・高校生及び漢文初学者にお薦め
 
 経書大講として、
 
   第1巻『論語 上』、第2巻『論語 下』、
 
   
3孟子 上』->[巻は18を見よ]、
 
   第4巻『書経 上』、第5巻『書経 下・孝経』、
 
   第6巻『詩経 上』、第7巻『詩経 中』、第8巻『詩経 下・易経繋辞傳』->[『易経』はやはり小林一郎講述『易経大講座・全12巻』平凡社を見よ]、
 
   第9巻『老子・列子 上』、第10巻『列子 下・荘子 上』 、
   第11巻『荘子 中』、第12巻『荘子 下』、
 
   第13巻『荀子 上』、第14巻『荀子 中』、第15巻『荀子 下』、
 
   第16巻『墨子 上』、第17巻『墨子 下』、
 
   
18孟子 下・中庸』、
 
   第19巻『韓非子 上』、第20巻『韓非子 中』、第21巻『韓非子 下』、
 
   第22巻『管子 上』、第23巻『管子 下』、
 
   第24巻『孫子・呉子・尉繚子』、
 
   第25巻『大学・礼記抄』、


 が収めら れている。

 
 全て原文+書き下 し文+現代語訳+詳細解説、の順に記されており、初学者にも大変役立つ『経書大講・全25巻』である
 
 
◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その10)・ 『経書大講』・平凡社◆
    

 
 
 
 
 
易経大講座・ 全12巻』・平凡社(1940-1941年)の説明・講述文を探す!


 ・補足 小林一郎分かり易い言葉を選び語り口調で述べた 易経』説明文
   

◆「デジタルコレクション」で中国古典『易経』を読もう!…小林一郎 講述『易経大講座』・平凡社◆

 
 
 


 

『啓蒙史記列伝・全10巻』・青梅堂(1881年) の書き下し文を探す!
  

 
 

  


『支那 哲学叢書・全10巻』・新光社(1923-1926年)の現代語訳を探す!

 ・補足 加藤常賢・小野機太郎・高森良人・吉田養成・野村岳陽らによって書かれた漢籍(抄録)の現代語訳

 『論語』・『孟子』・『荀子』・『中庸』・『大学』・『周易』・『老子』・『荘子』・『列子』・『墨子』・『揚子』・『淮南子』・『近思録』・『伝習録』が収めら れている。

◆「デジタルコレクション」で日本語訳「中国古典哲学書」を読もう!…『現代語訳 支那哲学叢書シリーズ』新光社・支那哲学叢書刊行会◆
   




 
 


『和訳 春秋左伝 上巻 』・玄黄社

 ∇  『和訳 春秋左伝 上巻』・玄黄社
 ・ 補足 田岡嶺雲 訳注 1912年 隠公~㐮公二 春秋時代詳細地図[4]、世系表 [5-7]、解題[8-25]、諸侯12国年表[25-39]、目次[40]


『和訳 春秋左伝 下巻 』・玄黄社

 ∇  『和訳 春秋左伝 下巻』・玄黄社
 ・補 足 田岡嶺雲 訳注 1912年 㐮公二~哀公下 目次[3]、奥付[303]



『和訳 漢文叢書 ・全14巻』・玄黄社を探す!
 ・補足 『和訳 老子・荘子』 、『和訳 老子・荘子a』、『和訳  韓非子』、
和訳 戦国策』、『和訳 荀子』、『和訳 史記列伝 上巻 』、『和訳 史記列伝 下巻』、
和訳 七書・附 鬼谷子 』、『和訳 淮南子』、『和訳  墨子・列子』、
和訳 東莱博議a』 、『和訳 東莱博議b』、『 和訳 詳註 碧巌集』、
和訳 維摩経・附 般若心経

◆「Google books」で漢籍・漢文を読もう!…(その7)・『和訳 漢文叢書』・玄黄社◆



 
 
 
 
 

神話伝説大系・13巻』・趣味の教育普及会 [小・中学生におすすめ!]
 ・補足  世界の神話・伝説を一堂に集めた本。 この中に中国の神話・伝説 をまとめた巻も含まれる。
 
関連ブログ記事(1) -> ◆「デジタルコレクション」で世界の神話伝説を読もう!…『神話伝説大系』・趣味の教育普及会、今日の「神話」は明日の「歴史」となる…◆

関連ブログ記事(2) -> ◆世界各国の神話伝説を日本語で気軽に楽しむ!…神話伝説大系 ◆
 
関連ブログ記事(3) -> ◆『神話に出てくる動物や不思議な怪物たちの児童書すごくおもしろい世界の国々の神話と伝説 紹介』…"Children's Book of Mythical Beasts and Magical Monsters"、Internet Archive◆

 
             

 
 
 
 
 


大語園・全10巻』・平凡社 [ 小・中学生におすすめ!]
 ・補足 日本・中国・インドの説話を集めた百科事典。  古代中国の説話も数多く含まれる。 総合索引・第10巻を活用しよう。
 
関連ブログ記事1 -> 秦・始皇の時代に仏教は一度伝 わっていたが始皇帝に拒否られた?…宇治拾遺物語・巻第15・第194話 ◆

関連ブログ記事2 -> ◆孟嘗君から不覚の涙を誘った斉国・古琴の名手、雍門周…『大語園』・「孟嘗君の涙」と『説苑』・善説◆

関連ブログ記事3 -> 誰から始めたらよいか? 申生(重耳の兄)からにしなさい。そ の性質は…、…後世に語り継がれた ”驪姫の乱”、国語・晋語一◆




 
 



『漢籍解題』・ [17]桂湖邨(=桂五十郎)明治書院で、日本で昔から良く読まれている漢籍の概略を知る!
  
 ・補足 (1)歴代を通じて 研究する者の必読又は必ず参考すべき書籍。 (2)我国に於 て普通に行はるる書籍 。 (3)電子版に->青蛙亭主人のサイトWeb漢籍解題」があ る。
 「中国の古典を直接読むには、どの版元・注釈がよいかを知らな ければならない。それには桂湖村『漢籍解題』明治書院、 中国の范希曾の『書目答問補正』を参照すべく、高級なものとしては『四庫全 書総目提要』がある。」…と、『漢文入門』参考文献の項に記されている。

 ・補足 2005年、明治書院より桂 湖邨(五十郎) 著『漢籍 解題 復刻版』が発売。 ->明治38年に刊行された本書の刊行100 年を記念して復刻。 漢籍を、経・史・子・集・政法・地理・金石・目録・小 学・修辞・類書・雑書・叢書の13部門に 分類し、各部門ともさらに小欄に 分け、配列は刊行順とし、各書ともそれぞれ題名・作者・体裁・巻数・伝来・ 注解・参考の7項目を叙したもの。 索引は、字 画・仮名・異名・作者の4部 立て。 1399の漢籍を解題。

 ・ 補足 2013年、明治書院より新釈漢文大系の別巻として『漢籍解題事典』が発 売。 ->漢籍解題をまとめたものには、明治三十八年刊の桂胡邨著『漢 籍解題』がありますが、それ以降刊行されておらず、中国古典研究者、漢籍に 興味をお持ちの読者からは新しい漢籍解題の早期刊行が期待されていました。 
 新釈漢文大系は全120巻で50余りの漢籍を収録していますが、そ の他にも日本文化に影響を与えた漢籍は数多く存在しています。 このたび新 釈漢文大系の別巻として刊行される『漢籍解題事典』は、本大系収録の漢籍を 含む700作品以上の書物を取り上げ解説しています。



  

『三才図絵』(さんさいずえ) [眺める百科事典! ]

 ・補足 明の王圻が編纂した図入 り百科事典。 三才とは天・地・人を表す。 天文1-4巻、地理1-16巻、人物1-13巻、時令1-4巻、宮室1-4巻、器用1-12巻、身 体1-7巻、人事1-10巻、儀制1-8巻、珍宝1-2巻、文史1-4巻、鳥獣1-6巻 、草木1-12巻よりなる。 日本でも江戸時代、『和漢三才図絵』が寺 島良安により編纂された。
 
関連ブログ記事 -> 鳳凰の姿を三才図会で観る…インターネット アーカイブ (Internet Archive)◆


『遊仙窟 』(ゆうせんくつ)

 ・補足  奈良時代、遣唐使が日本に持ち帰った唐代詩人・張鷟( ちょうさく・張文成)の伝奇恋愛小説。 主人公の張生が 旅の途中神仙の岩窟(がんくつ)に迷い込み、出会った仙女達に歓待され一夜 を過ごす物語。 その後、『万葉集』・『和漢朗詠集』・『新選朗詠集』・『 源氏物語』・他後世の日本文学に影響を与えた。 現代語訳は中国古典文学大系 『六朝・唐・宋小説選』平凡社、中国 古典小説選『唐代1』明治書院、前野直彬・他『幽明録・遊仙窟他』平凡 社・東洋文庫、今 村与志雄訳『遊仙窟』岩波文庫がある。



『資治通鑑』( しじつがん)
 ・補足 北宋・司馬光が1065年に 編纂した歴史書。 「周」・「秦」・「漢」・「魏」・「 晋」・「宋」・「斉」・「梁」・「陳」・「隋」・「唐」・「後梁」・「後唐 」・「後晋」・「後漢」・「後周」・「附録」と、紀元前403年から 紀元後959年まで1362年間を編年体で纏めた。 現代では散逸した資料が含まれ正史と同様の価値があるといわれている。 近 年『資治通鑑』もデータ・ベース化され更にその活用頻 度が高まっている。
 
◆「デジタルコレクション『資治通鑑』」で紀元前403年[戦国時代初め]~紀元後959年[五代十国時代終り] 1,362年間の歴史に日本語訳で触れよう!…『続 国訳漢文大成 経子史部 第1巻~第16巻 資治通鑑』目録併せ全18巻・国民文庫刊行会◆
 
 
 
『太平御覧 』(たいへいぎょらん)

 ・ 補足 宋代初期に太祖の勅命で李昉・他13人が編纂した多くの書物から類似の 事項を集めて分類しまとめた百科事典形式の書物、すなわ ち類書である。 983年に成立。 全体を「天」・「時序」・「地」・「皇王 」・「偏覇」・「州郡」・「居處」・「封建」・「職官」・「兵」・「人事」 ・「礼儀」・「楽」・「文」・「学」・「治」・「刑法」・「道」・「儀式」 ・「方術」・「飲食」・「資産」・「火」・「舟」・「四夷」・「疾病」・「 神鬼」・「妖異」・「薬」・「香」・動植物・昆虫・他・全55門に分け、更に 各門は4558類に分類されている。 引用書数1690種で、詩や賦などを含めば、 2000種以上となり、その内7~8割が現在では亡佚されてい る。 よって『太平御覧』は貴重な資料として価値が高い。  本書の名前は、太宗が閲覧された為、「ご覧になる」という意味 で「太平総額」から『太平御覧』という書名になった。
  

『山海経』(せんがいきょう) [見るだけで面白い!]

 ・補足 中国最古の地理書。 【2】古代中国がさら に面白くなる一冊↑、の中で、『山海経-中国古代の神話世界』を既に紹介し た。 古代中国人の想像力が生んだ神話世界に登場する不思議な動物 ・人・妖怪の絵が面白い

関連ブログ記事->◆酸與…この鳥が現れると恐慌が起きる!?  -山海経-  ◆
 

『水経注』(すいけいちゅう)

 ・補足 北魏代の酈道元(れきどうげん)が著 した河川を基にした地理書・全40巻。 3世紀に記された『 水経』に書かれていた黄河、揚子江、など主な137河川の源・経路・河口の記 載に、酈道元が注として1252河川を取り上げ、流路周辺の地理情報(山・邑・ 城・古跡など)を大幅に追記した水系基準の地理書。
 
関連ブログ記事 -> ◆「以水銀為百川江河大海、機 相灌輸、上具天文、下具地理。」、秦の始皇帝陵墓の地下宮殿には星空や水銀 の河川や海が作られていた。…史記・本紀・秦始皇本紀◆

  ・補足  水經注 圖1、  水經注 圖2 <== 河川図



 

          = 「Google ブックス
          Ф = 「 Internet Archive


  
  
   
  


★漢文法を詳しく勉強したい人へ ★

 
 
==>   
森通 著『一日一題 漢文解釈』・三省堂[4]
 
 
◆「デジタルコレクション」で漢文法を攻略しよう!…松下大三郎の『標準漢文法』紀元社と森通の『一日一題 漢文解釈』三省堂◆

 その概要を目次で示す↓


   緒言[5] …[数字]は近代デジタルライブラリー「コマ番号」を表す。
  凡例 [6]
  目次 [8]
  書目別目録[10]

        十八史略・孟子・荀子・唐宋八大家文・
         続文章軌範・文章軌範・論語・愼思録・
        近思録 ・言志四録・日本政記・小学・
        日本外史・史記・近古 史談・蒙李・
        東莱博義(=東莱左氏博義)・資治通鑑 ・
        韓非子・大学・中庸

  基礎編 [15]

     第一章 重要なる修辞法[15]

      (1)
対偶法[15]
      (2)
層累法[16]
      (3)
承遞(=逓)(しょうてい)法 [17]
      (4)
漸層法 [18]
      (5)
倒装法 [19]
      (6)
直喩法 [20]
      (7)
隠喩法 [21]
      (8)
引喩法  [21]

     第二章   重要なる表現形式[21]

      (1)
比較形 [21]
      (2)
疑問形 [30]
      (3)
指定形 [44]
      (4)
譬喩(ひゆ)形 [47]
      (5)
使役形 [53]
      (6)
否定形 [59]
      (7)
感動形 [72]
      (8)
時相形 [80]
      (9)
受身形 [89]
      (10)
限定形 [94]
      (11)
抑揚形 [104]
      (12)
理由説明形 [111]
      (13)
仮定形 [117]
      (14)
反語形 [125]
      (15)
推量形  [138]

  
応用編  [143]

      
近古史談[143]
      
日本外史 [146]
      
日本政記 [150]
      
愼思録[155]
      
小学 [170]
      
近思録 [174]
      
蒙求 [179]
      
孔子家語 [181]
      
東莱博義 [182]
      
十八史略 [184]
      
史記 [193]
      
資治通鑑 [198]
      
文書軌範 [200]
      
続文章軌範 [214]
      
唐宋八大家文 [217]
      
荀子 [227]
      
韓非子 [229]   
      
大学 [231]
      
中庸 [232]
      
論語 [233]
      
孟子 [239]

  模擬試験問題[本文中に点在]

       第一回~第十七回
  
模擬試験問題解答  [252]
  
奥付 [263]
広告[264- 269
]
  
 
 
  


 
==>   
松下大三郎 著『標準漢文法』・紀元社
 
        松下大 三郎『標準漢文法』紀元社     
  
 本書は本記事「【2】古代中国がさらに面白くなる一冊」で紹介した、小川環樹・西田太一郎『漢文入門』や、西 田太一郎『新訂 漢文法要説』の参考文献で「良い 」と紹介されている日本人が書いた漢文法書であり、国立国会図書館デジタルライブラリーと Google books
に収蔵されている。
 
◆「デジタルコレクション」で漢文法を攻略しよう!…松下大三郎の『標準漢文法』紀元社と森通の『一日一題 漢文解釈』三省堂◆
 
 



自序 [3]
 
目次 [4]

 第1編  総論
  ・第1章 言語
     
第1節 言語の本質及び諸相  [15]
     
第2節 言語の構成 [20]
  ・第2章 文法学
     
第1節 文法学の本質及び諸相  [31]
     
第2節 文法学の体系 [32]

 第2編 詞の単独論
  ・第1章 詞の本性

 第1節 品詞 [40]
     
第2節 名詞の小分 [57]
     
第3節 動詞の小分 [83]
     
第4節 副体詞の小分 [135]
     
第5節 副詞の小分 [145]
     
第6節 感動詞の小分 [196]
     
第7節 複性詞の小分 [216]
     
第8節 変態品詞 [226]
  ・第2章 詞の副性
     
第1節 名詞の副性 [252]
     
第2節 動詞の副性 [268]
     
第3節 副詞・副体詞・感動詞の副性  [290]

 第3編 詞の相関論
   ・第1章 連詞の成分
     
第1節 従属統率の関係  [293]
     
第2節 五種の成分関係  [295]
     
第3節 成分関係分類の理論  [299]
  ・第2章 成分の統合
     
第1節 主語と敍述語 [300]
     
第2節 客語と帰著語 [319]
     
第3節 実質語と形式語  [338]
     
第4節 修用語と被修用語  [350]
     
第5節 連体語と被連体語  [390]
  ・第3章 成分の排列
     
第1節 成分の直接関係  [397]
     
第2節 成分の間接関係  [413]

 
奥付 [429]
 
      

 
 
 中国で書かれた文法書に呂叔湘『中国文法要略』、 楊伯峻『文言語法』、そして波多野・香坂・宮田 訳『中国文語文法』江南書院が挙げられている。
 尚、
呂叔湘の『中国文法要略』は、Web上(bai du検索2015年6月時点)pdfファイルとして『呂叔湘全集・第一巻』・1942年版 (初版)が入手できる





==> 荻生徂徠・著、小泉秀之助・校『譯文筌蹄』 須原屋書店


       ∇ 荻生徂徠・著、小泉秀之助・校『訳文筌蹄』

 漢字の語義・用法や同訓異義を知るに役立つ須原屋書店が1908年 に発行した荻生徂徠の書・『訳文筌蹄』。


 巻末に 伊藤東涯『用事格 』が付載され合本となっている。
 
◆「デジタルコレクション」で和漢言語間の漢字「同訓異義」を知り漢文を攻略しよう!…荻生徂徠訳文筌蹄』須原屋書店+α文法書・伊藤東涯用事格 』◆
 
 

訳文筌蹄  前編序 [2]
 
訳文筌蹄  後編序 [13]
 
凡例三則  [13]
 
文理三昧序 [14]
 
例言十二則 [19]
 
 
発音索引(五十音順)     [23]、
 
字画索引(二十九画迄) [39] 、

  
本文(之部 ~) [65]、
        イ[97]、ウ[114] 、エ[なし]、オ[129]、
 
  
本文(之部 ~) [140]、
        キ[161]、ク [165]、ケ[175]、コ[177]、

  
本文(之部 ~) [184]、
        
シ[193]、ス [209]、セ[219]、ソ[220]、

  
本文(之部 ~) [225]、
        チ[240]、ツ [244]、テ[255]、ト[255]、

  
本文(之部 ~) [269]、
        ニ[278]、ヌ [282]、ネ[283]、ノ[285]、

  
本文(之部 ~) [291]、
        ヒ[301]、フ [311]、ヘ[315]、ホ[316]、

  
本文(之部 ~) [318]、
        ミ[327]、ム [335]、メ[337]、モ[339]、

  
本文(之部 ~) [343]、
        ユ[353]、ヨ
[356]、

本文(之部 ) [362]、

  
本文(之部 ) [370]、


 
用事格 [375]、- - -> 先哲遺著・漢籍国字解全書』 (第8巻) 近思録・訓蒙用字格  の項を見よ。

 
奥付 [484]。
  
  
 
 
  
  
★漢文・漢籍 全般に役立つ書籍★


  

==>  『東洋歴史大辞典』・全九巻 平凡社


 漢籍に現れ る諸事項を調べるに役立つ。


◆「デジタルコレクション」で漢文・漢籍に現れる歴史事項・用語を調べよう!…『東洋歴史大辞典全九巻・平凡社◆
 
 
 
 第1巻   [9]- [276]

    
第2巻  ハク~ン ワ [5]- [264]

    
第3巻   [5]- [262]

    
第4巻  ナ~ン セ [6]- [280]

    
第5巻  ンソ~ン レ [5]- [294]

    
第6巻  ンレ  [6]- [292]

    
第7巻  ーカ~キ ン [5]- [289]

    
第8巻  クイ~ン ヤ [5]- [289]

    
第9巻 ア~ワ(追 補)  [6]-[83]
  


 
東洋歴史大辞典を世に送る・第1巻[5]

 
凡例(一 項目の採択と解説の深度、二 表現の 諸形式、三 執筆の分担と部 門、四 人名・地名・書名に就いて、五 補遺及び索引に就いて)・第1巻 [6]-[8]


 漢字
索引・第9巻[250]

    [249]、 [247]、[246]、[245]、[243]、

  
[240]、 [233]、[227]、[226]、[222]、

  
[213]、 [210]、[197]、[196]、[191]、

  
[188]、 [184]、[178]、[178]、[175]、

  
[170]、 [169]、ヌ[無]、[169]、[168]、

  
[168]、 [165]、[163]、[161]、[160]、

  
[157]、 [156]、[156]、[156]、[155]、

  
[155]、 [154]、[154]、

  
[152]、 [151]、[145]、[145]、[144]、

  
[143]
 

 カタカナ
索引・第9巻[142]

 欧文
索引・第9巻[127] -[88]

 監修及執筆者・第9巻[84]-[86]
完成を喜びて・第9巻[86]-[87]

  
  








==> 『東洋読史地図』・冨山房
  
  
 古代中国の時代 別・歴史地図と解説



 尚、近年出版された古代中国歴史地図として筆者が参考としている日本で出版された書籍に、

 (1)松田寿男・森鹿三 編集『アジア歴史地図 』・平凡社、
 (2)キャロリーン ブランデン・マーク  エルヴィン 著、戴國煇・小島晋治・阪谷芳直 編・訳『図説 世界文化地理大百科 中国・Cultural Atlas of CHINA』・朝倉書店、


関連ブログ記事 -> ◆古代黄河の位置…太行山脈に沿って北に流れていた!◆


 (3)亀井高孝・三上次男・林健 太郎・堀米庸三 編『世界史年表・地図』・吉川弘文館、
 (4)稲畑耕一郎 編『陳舜臣中国ライブラリー 別館・ 中国五千年史地図年表』集英社、がある。
   
 
  


 
 
 






関連記事 -> ◆「Google books」で漢籍 ・漢文を読もう!…(その11字書・文法・参考書
  
==>(その11著者名浜野知三郎・簡野道明・松下大三郎・荻生徂徠・小泉秀之助・久保天隨・児島献吉朗・小柳司気太・飯島忠夫・笹川種朗・森槐南・結城蓄堂・等




==> 児島献吉郎 著『支那諸子百家考』・目黒書店




==> 小柳司気太 著『東洋思想の研究』・関書院

==> 小柳司気太 著『続 東洋思想の研究』関書院




==> 飯島忠夫 著『支那古代史と天文学』・恒星社




==> 児島献吉郎 著『支那文學史綱』・冨山房



==> 笹川種郎 著『支那小説戯曲小史』・東華堂






==>  久保天随 著『高等漢文講義』・金刺芳流堂

  
==> 塚本哲三 著『標準古典解釈 漢文部 第2巻』・有朋堂  





==> 梁田忠山 著『新撰漢文叢書 史記新講』三省堂


    ・補足 中学生の自習用に書かれた司馬遷『史記』のダイジェスト版。 『史記名場面の「漢文」と「書き下し文」そして「現代語訳」が平易簡明に書かれ、司馬遷『史記』とは何か?ということを、楽しみながら学ぶ参考書

 

==> 梁田忠山 著『新撰漢文叢書 唐宋八家文新講』三省堂


==> 梁田忠山 著『新撰漢文叢書 近古史談新講』(大槻磐渓)三省堂



==> 福岡政成 著『春秋左氏傳列國君臣系譜』福岡氏藏板
 
 
==> 島田鈞一 著『春秋左氏伝新講』有精堂出版部







==> 太田亮 編『漢・韓史籍に顕はれたる日韓古代史資料』磯部甲陽堂
 

    第一 史記・朝鮮列傳、
    第二 漢書・帝紀・王莾傳・地理志・朝鮮傳、
    第三 後漢書・帝紀・郡國志・東夷傳、
    第四 三國志・魏志本紀・吳志・魏志東夷傳、
    第五 晋書・帝紀・四夷傳、
    第六 宋書・帝紀・夷蠻傳、
    第七 南齊書・本紀・東南夷傳、
    第八 梁書・本紀・諸夷傳、
    第九 陳書・本紀、
    第十 魏書・帝紀・高句麗傳・百濟傳、
    第十一 北齊書・本紀
    第十二 周書・本紀・異域傳
    第十三 隋書・帝紀・高麗傳・百濟傳・新羅傳・倭國傳・流求傳
    第十四 南書・東夷傳
    第十五 北史・東夷傳
    第十六 舊唐書・東夷倭國傳
    第十七 新唐書・東夷傳
    第十八 晋書補遺・地理誌・載記
    第十九 韓土古碑・高麗好太王碑・昌寧碑・黃草嶺碑・北漢碑
    第二十 三國遺事・延烏郞 細烏女・奈勿王 金堤上・駕洛國記
    第廿一 三國史記
    第廿二 古事記註文干支






==> Ф James Legge 著『The Religions of China: 中国の宗教 儒教と道教と、そしてキリスト教との比較』London, 1880


==> Φ James Legge 著『The Notions of the Chinese concerning God and Spirits: ~』Hongkong, 1852


==> Φ James Legge 著『註釋校正華英四書: [論語・大学・中庸・孟子の漢字/英語 上下対訳]』Shanghai, 1897


関連記事 -> James Legge

◆「Google books」で漢籍・漢文、『論語・大学・中庸・孟子・書経・詩経・春秋』を英語訳で読もう!…(その13)・James Legge "The Chinese Classics"◆












==>  「
WEB支那漢 」・田中慶太郎 編訳『支那文を読む為の漢字典』の電子版

    ・補足 青蛙亭漢語塾で公開されている字書





==>
簡野道明  著『字源』・北辰館、字源刊行会

 ・補足 漢和辞典 のデファクト スタンダード (実質標準)

      Web版 KO字源(角川『字源』の XML版)






==> 簡野道明 著『故事成語大辞典』・明治書院
 

関連ブログ記事 -> ◆故事・成語・諺には生きる知恵が凝縮されている。…簡野道明 著『故事成語大辞典』明治書院・Google books ◆
 
     ・補足 故事成語大辞典拾遺を更に5千余り増補索引を全て改めた
      
増修故事成語大辞典拾遺』を本文と分けて、別冊として発行
      『故事成語大辞典』に見当たらないとき、本別冊に当たる、
      あるいは別冊だけ単独で眺めるなど、使い方はご自由に。


==> 簡単道明 著『増修 故事成語大辞典』・明治書院

     ・補足 『故事成語大辞典』+『増修 故事成語大辞典拾遺
             =『増修 故事成語大辞典』という関係

関連ブログ記事(1) -> ◆「Google books」で漢籍・漢文、江戸時代の故事成語を読もう!…(その12)・『世説故事苑』『分類羣書故事大全』『明丘瓊山故事必讀成語』◆

関連ブログ記事(2) -> ◆「デジタルコレクション」と「Google books」とで江戸時代の故事を読もう!…『新鍥類解官様日記故事大全』・『増補註釋白眉故事』◆

  

 
==> 胡繼宗 編集、柏木常雄 删補『删補 書言故事大全』古碧堂蔵版 全十二巻・吉川半七

   ・ 宋の胡継宗がテーマ毎に選んだ故事・成語・熟語集。 日本の柏木常雄がさらに補として故事を追加。  漢文は全て訓点つき。

 
 
 
 
 


==>  浜野知三郎 著『新訳漢和大辞典』・六号館

     漢字見出し 16,000語、塾語 55,000語、
      熟語の典籍漢文を多数収載

 
     同辞典の近代デジタルライブラリー版↓
        
『新訳漢和大辞典』明治45年
             『新訳漢和大辞典』大正10年  
          
『新訳漢和大辞典』大正14年  

  

関連記事- >◆「七去」の意味を調べるため幾つか辞書を引いて視る。「良い辞書」とは?…優れた水先案内人のようなものである。◆


      浜野知三郎(はまの・ともさぶろう)が使用した
     中英辞典↓

    ФA Syllabic  Dictionary of the Chinese Language

     ,
arranged according to the  Wu-Fang Yuen Yin,
     with the pronounciation of the  characters
     as heard in Peking, Canton, Amoy, and  Shanghai
     by Williams, S. Wells (Samuel Wells), 1812- 1884.
     Published 1903.

  
 


 
 
==> Ф 大槻文彦 著『大言海_第一巻_あ~き』・冨山房
       Ф 大槻文彦 著『大言海_第二巻_く~す』・冨山房
       Ф 大槻文彦 著『大言海_第三巻_せ~は』・冨山房
       Ф 大槻文彦 著『大言海_第四巻_ひ~を』・冨山房

      ・補足 国語辞典(+古語辞典)のデファクト スタンダード (実質標準)
  

関連記事->◆「たこつぼ」と『大言海』との関係は?…国語辞書と古語辞書とのツボを兼ね備えた、小粋な辞書◆
 






==> 高島嘉右衛門・柳田幾作 著『易学字典』修学堂


==> 新井白蛾 著『鼇頭 易学小筌』松影堂



==> 海保漁村 著『周易古占法・第一巻』木村嘉平

==> 海保漁村 著『周易古占法・第二巻』木村嘉平


◆「デジタルコレクション」で中国古典『易経』を読もう!…小林一郎 講述『易経大講座』・平凡社◆











==> 呉兢 撰・戈直 注『貞観政要』全10巻・古活字版(伏見版)

 唐の呉兢撰、元の戈直注。
 唐の太宗が群臣とかわした政治上の論議を、君道以下40門に分けて10巻に編した。
 治政の要を知るための書として重んじられた。
 「貞観」は太宗の年号(627-649年)。
 本書は、慶長5(1600)年に徳川家康が京都円光寺開山閑室元佶(1548-1606年)に命じて木活字で刊行させた古活字版、伏見版と呼ばれているもののひとつ。

 『貞観政要』を仮名で読む ->  呉兢、菅原為長『仮名 貞観政要巻第六、231頁・民友社・慶応義塾大学・Google books
 
  
  
 
 
 
 
 
 

==> 神宮司廳 編『古事類苑』・古事類苑刊行会
      ・補足 明治以前の「日本の歴史」を知る大百科辞典。 
       分野別に日本の古典書籍を調べるときに便利である。 
       今もなお数多くの学術機関が『古事類苑』データベースを構築
       活用していることから、「如何に重要であるか」が分かる。

関連記事(1) -> ◆「Internet Archive」で日本の古典を読もう!…(その5)・神宮司廳 編『古事類苑』・古事類苑刊行会、日本の古典を「分野別」に探す!◆
関連記事(2) -> ◆磁石と地震との関係を利用して地震を予知する方法…明治時代の類書『古事類苑』に書かれた『大地震暦年考』の地震前兆を知る説






 


      
          ∇  =  「Google ブックス
       
Ф  =  「 Internet Archive
  
  
  

 
Mojikumo_sengoku

 

Chinese Text Project


    

関連ブログ記事

★古代中国と歴史(ブログ記事一覧)   
◇古代中国と 歴史を好きになる方法◇
◆私の好きな宮城谷昌光・中国歴史小説・時代別一覧… その1◆

◆「Internet Archive」に含まれる影印古籍資料(白文)をタイトル名・時代・著者リストを眺めながら四庫分類別に選ぶことができるWebサイト…搜韻・影印古籍資料

 
  
  
  
 
   
  
       


 2015年5月2日作成(9月30日更新)『★古代中国の歴史を楽しく学ぶアイテム紹介★』↓は、

http://ikaebitakosuika.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-a5f0.html

閲覧はできるが編集不能(筆者推定:読取専用サーバーと編集専用サーバー間の連携障害が発生しシステム修復の為シャットダウンが必要)状態となった。

◆本ブログcocolog不具合のお知らせ◆

 本ページは、◆古代中国の歴史を楽しく学ぶアイテム紹介◆の第六章【6】先人の漢籍の知恵を電子図書館から借りる…近代デジタルライブラリー・Google  books・漢籍リンク案内
」、を暫定的に移植したページである。
 
 不具合がniftyにより修理されるまで、必要に応じ本記事を更新することとする。

《最終更新日 2018年4月21日・追加修正  
  
  
  
  
  
  
  
   
  
  
  
  
  
 
  

 

  
  
  

« ◆【5】古代中国をビジュアルに知 る…図説中国文明史・時代劇ドラマDVD◆ | トップページ | ◆【7】「知る ・調べる・見つけたい」,「項羽・劉邦・史記・左傳」,「四文字熟語・故事出 典」=>漢籍データベース・Chinese Text Project…「中國哲學書電子化 計劃」を利用する(1)キーワー ドを含む漢籍を見つける(2)漢籍の相似文章を調べる(3)電子底本 を見よう◆ »

★古代中国と歴史」カテゴリの記事

〓古典『漢文』参考書・詳細版」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近の記事

<『史記』を読み、人生を楽しむ>

カテゴリー

<今日の神話は明日の歴史となる>

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

<インターネット電子図書館>

  •  ★『知慧珠』☆ -chikeisyu- 「漢文が面白くなる中学生・高校生・初学者向け特集」 … (1) 書き下し文・現代語訳がすぐ見つかる!…(2) 漢文を横目で見て歴史を楽しむ!…(3) 目から耳から歴史ドラマを五感で楽しむ!…(4) 漢文を楽しむ手段・方法・電子書籍・紙字書・参考書・メディア・リンクを紹介!…☆『知慧珠』★
  •  ★江戸時代の学者が漢籍を注釈し、初学者向けに平易な文で解説した『漢籍国字解全書・先哲遺著』 全46巻。 荻生徂徠 解説の『孫子』や林羅山の『古文真宝後集』他多数。->国会図書館デジタルコレクション(旧・近代デジタルライブラリー)
  •  ★先秦、前漢、後漢の「漢文」,「キーワード検索」,「原典[影印本]の画像確認」に役立つ。…中国哲学書電子化計画(Chinese Text Project)        
    中國哲學書電子化計劃
  •  ★著作権の消滅した作家、 「芥川龍之介」,「幸田露伴」, 「中島敦」, 「夏目漱石」, 「森鴎外」, 「吉川英治」ら作品を<<無料で読める>>…青空文庫             

特集ページ

<文字の玉手箱…『文選』>

< 漢詩を楽しむ…『唐詩三百首』 >

<筋力維持とストレッチ>

  •  ★意識して…「筋力維持とストレッチ」…ウォーキングとバランスの良い食事で健康維持!  

<古典『古文』参考書>

<キツツキをクリックするとページ・トップへ移動します!!!>

  •  ★キツツキが右端に表れないときはジャバスクリプトをONにするかブラウザのバージョンを上げると表示されるようになります → → →