フォト

全文検索_ココログ用

  • ブログ記事800件 の「全文検索」が高速で実行できます。

<桃李海山>

<古典『漢文』参考書>

<古代中国歴史を楽しく学ぶアイテム紹介>

  • ★日本を知る★

「青空文庫」古代中国編

<お勧めリンク>

<生きる知恵とは?>

  • 本ブログ記事を大幅に加筆修正、全て現代語訳とフリガナを付け読みやすくし、各章ごとに文献と410箇所に詳細な脚注を付けました。ペーパーバック ‏ : ‎ 275ページ ISBN-13 ‏ : ‎ 979-8367192773 寸法 ‏ : ‎ 15.2 x 1.6 x 22.7 cm 発売日 ‏ : ‎ 2023/1/1

<カテゴリー別記事・過去記事(月年別)>

◎本ブログの内容、テキスト、写真、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。

  • Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text, photographs, and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Amazonのアソシエイトとして、IKAEBITAKOSUIKA は適格販売により収入を得ています。

  • Amazonアソシエイト・プログラム運営規約に従い表示。
無料ブログはココログ

« ◆「按図索驥」(あんずさくき)の典拠となった春秋時代・秦国の駿馬目利き名人「伯楽」こと孫陽…『漢書』楊胡朱梅云傳◆ | トップページ | ◆伯樂乃還而視之、去而顧之、一旦而馬價十倍。 蘇代が齊王に会う為に淳於髡を説得した逸話が「伯樂の一顧を得る」であった。…『戦国策』燕策・燕二「蘇代為燕説齊」◆ »

2015年8月 7日 (金)

◆伯樂曰、「天下之馬者、若滅若沒、若亡若失、若此者絶塵弭轍」、馬の鑑定名人・伯楽とは?…『列子』説符◆

 

  
  

秦穆公謂伯樂曰、「子之年長矣、子姓有可使求馬者乎?」。  伯樂對曰、「良馬、可形容筋骨相也。  天下之馬者、若滅若沒、若亡若失、若此者絕塵弭轍1。  臣之子皆下才也、可以告以良馬、不可告以天下之馬也。  臣有所與共擔纆薪菜者、有九方皋、比其於馬、非臣之下也。 請2見之。」。
穆公見之、使行求馬。  三月而反、報曰、「已得之矣、在沙丘。」。  穆公曰、「何馬也?」。  對曰、「牝而黃。」。  使人往取之、牡而驪。 穆公不說、召伯樂而謂之
曰、「敗矣、子所使求馬者! 色物、牝牡尚弗能知、又何馬之能知也?」。
伯樂喟然太息曰、「一至於此乎! 是乃其所以千萬臣而无數者也。 若之所觀、天機也。 得其精忘其麤、在其內而忘其外。  見其所見、不見其所不見。  視其所視、而遺其所不視。  若皋之相者、乃有貴乎馬者也。」。  馬至、果天下之馬也。…『列子』・説符


1. 轍 : 底本「足+育+攵」。
2. 請 : 底本「謂」。





 秦の穆公(ぼくこう) 伯樂はくらくに謂(い)いて曰(いわ)く、「子の年 長(ちょう)ぜり、子が姓に馬を求め使む可き者有りや?」。

 
伯樂(こた、=対)えて曰く、「良馬は、形容筋骨もて相(そう)す可きなり。  天下の馬は、滅(な)きが若(ごと)く沒(かく)るるが若く、亡(な)きが若く失するが若く、此(かく)の若き者は塵を絶(た)ち轍(てつ、=足跡・蹄の跡)を弭(や)む。  臣の子 皆下才なり、告(つ)ぐるに良馬を以てす可(べ)きも、告ぐるに天下の馬を以てす可からず。  臣に與(とも)に共に纆(なわ)を擔(にな、=担)いて薪(まき)を菜(と)る所の者有り、九方皋(きゅうほうこう)有り、比れ其の馬に於ける、臣の下に非ざるなり。  (こ)う之(これ)を見よ。」と。

 穆公 之(これ)を見て、行(ゆ)きて馬を求め使む。

 三月(さんげつ)にして反(かえ)り、報じて曰く、「已(すで)に之を得たり、沙丘に在り。」と。

 穆公 曰く、「何の馬ぞや?」と。

 對えて曰く、「牝(ひん、=牝馬・めすうま)にして黃なり。」と。

 人をして往きて之を取らしむるに、牡(ぼ、牡馬・おすうま)にして驪(り、=黒・くろこま)なり。

 穆公 説(よろこ)ばず、
伯樂を召して之に謂いて曰く、「敗れたり、子が馬を求め使めし所の者は!  色物(しきぶつ、=馬の色)、牝牡(ひんぼ、=雌雄) 尚お知る能(あた)わず、又 何の馬をか之(これ)(よ)く知らんや?」と。

 
伯樂 喟然(きぜん、=嘆息する様)として太息(たいそく)して曰く、「一(いつ)に此(ここ)に至れるか!  是(こ)れ乃ち其の臣に千萬(=千万)にして數(=数)無き所以(ゆえん)の者なり。  (こう、=九方皋)の觀(み、=観)る所の若きは、天機(てんき、=天の機密・目に見えない自然の働き)なり。  其の精を得て其の麤(そ、=粗・疎・あらい・おおまか)を忘れ、其の内を在(さつ)して其の外を忘る。  其の見る所を見て、其の見ざる所を見ず。  其の視る所を視て、其の視(み)ざる所を遺(わす)る。  の相するが若きは、乃ち馬よりも貴(たっと)ぶ者有るなり。」と。

 
馬至り、果して天下の馬なりき






 伯楽の言葉で知られる、春秋時代の「伯楽」こと秦の孫陽(そんよう)である。 すなわち、伯楽とは孫陽の字(あざな)

 孫陽の名は『説文解字』・馬部・驥(き)に、「千里馬也、孫陽所相者。-> 千里の馬なり、孫陽(み)る所の者なり。」とある。

 馬の鑑定・目利きで天下にその名を知らしめた
伯楽が年老いたとき、秦・穆公より伯楽の子供に馬の鑑定が出来る者はいないかと質問に対し伯楽が答えた話が『列子』・説符に書かれている。



天下之馬者、若滅若沒、若亡若失、若此者絶塵弭轍。」

 天下の馬(すなわち世に優れた名馬とは、形状や毛色など見かけでは分からない馬)とは、見えるかと思えば見えないようでもあり、かと思えば隠れているようでもあり、いるかと言えばいないようでもあり、逃げてしまったようにも思える馬であって(漠然として捉えどころがなく)、このような馬こそ塵(ちり)も舞い上げず蹄(ひづめ)の跡も残さない極めて速い馬なのです。

 

 


 
さらに詳細な解説・情報を知りたい人の為に、

)外部
電子書籍として、国立国会図書館デジタルコレクション『漢籍国字解全書 第9巻 老子・荘子・列子』、ほか、

書籍として、書店入手可能な西林真紀子 編『新書漢文大系24 列子』明治書院(->原漢文の記載は無く、書き下し文、現代語訳、と解説)、

など、『列子』関連情報を以下に挙げておく。

 



 

外部電子書籍 -> 列子説符、 国立国会図書館デジタルコレクション

(01) 漢籍国字解全書 第9巻 老子・荘子・列子 コマ番号[379] 国立国会図書館デジタルコレクション

(02) 漢文大系 第13巻 列子・孫子・呉子・他 コマ番号[93] 国立国会図書館デジタルコレクション

(03) 支那哲学叢書 第6巻 老子・列子 現代語訳 コマ番号[220] 国立国会図書館デジタルコレクション
 
 
 

 
 
列子 -> 電子書籍・一覧

◆「知慧珠」附: 古典『荘子・列子参考書   => デジタルコレクション・Google books・Internet Archive
 
遁人(逃げ回る人)と順民(素直な人)…「楊朱曰、生民之不得休息、為四事故。」列子楊朱とマトリックス  => デジタルコレクション
  
 
 
 
 
 
外部データ・ベース -> 列子・説符(電子底本・沖虛至德真經

中国哲学書電子化計劃 列子 




 
 
書籍 -> 西林真紀子 編『列子新書漢文大系24・明治書院、

本ブログ対応部分 => 220頁の説符篇4 伯楽の話(説符第八・第十六章)」、書き下し文[=本文]+現代語訳[=解釈]+説明[=背景]

 『列子』は先秦時代の道家列禦寇の撰したものとされる。
 寓話や神話伝説に富んでおり興味の尽きない内容となっている。
 本書では、成立や章句に異説が多く難解な書とされてきた『列子』の、『天瑞』『黄帝』『周穆王』『仲尼』『湯問』『力命』『楊朱』『節符』八篇の一部を取り上げ、その読みどころを簡潔にまとめた。…(表紙見返し●概要●より引用)







関連ブログ記事 -> 列子

◆作動態度、無為而不竊鈇也。…強い先入観は人の判断を狂わす、「窃鈇の疑い」、列子・説符◆
◆覚有八徵、夢有六候…人は起きているときには八つ、夢を見るときには六つの徴候がある、列子・周穆王◆
◆遁人(逃げ回る人)と順民(素直な人)…「楊朱曰、生民之不得休息、為四事故。」列子・楊朱とマトリックス

◆殷帝の三宝剣「含光(がんこう)、承影(しょうえい)、そして、宵練(しょうれん)…斬れた傷口の一方から血も出ずに傷がふさがり元どうりに治ってしまう不思議な剣、厭勝の策?『列子』湯問」◆
◆「大道以多岐亡羊、學者以多方喪生。」、人は時間が経過するに従い枝葉末節にとらわれ本質を見失うことがある! 「多岐亡羊」…列子・說符◆
◆春秋時代・古琴の名手「伯牙」とその友「鍾子期」、現代に伝わる琴曲高山流水を聴く…列子・湯問◆


 
 
 
関連ブログ記事 -> 伯楽

◆「按図索驥」(あんずさくき)の典拠となった春秋時代・秦国の駿馬目利き名人伯楽」こと孫陽…漢書・楊胡朱梅云傳◆

◆伯樂乃還而視之、去而顧之、一旦而馬價十倍。 蘇代が齊王に会う為に淳於髡を説得した逸話が「伯樂の一顧を得る」であった。…戦国策・燕策・燕二・蘇代為燕説齊◆
  
  

 

 
関連ブログ記事 -> 外部電子書籍「漢文・古文」

第6章先人の知恵を電子図書館から借りる」->漢文・漢籍・古文に関する電子字書・電子書籍参考書の紹介サイト => 国立国会図書館デジタルコレクション・Google books・Internet Archive

 

2021-twitter-logo-blue   
  
  
 

« ◆「按図索驥」(あんずさくき)の典拠となった春秋時代・秦国の駿馬目利き名人「伯楽」こと孫陽…『漢書』楊胡朱梅云傳◆ | トップページ | ◆伯樂乃還而視之、去而顧之、一旦而馬價十倍。 蘇代が齊王に会う為に淳於髡を説得した逸話が「伯樂の一顧を得る」であった。…『戦国策』燕策・燕二「蘇代為燕説齊」◆ »

★古代中国と歴史」カテゴリの記事

★今日の言葉」カテゴリの記事

★馬(うま)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

<blog・オリジナル書籍>

  • 本記事を大幅に加筆修正、全て現代語訳とフリガナを付け読みやすくし、各章ごとに文献と410箇所に詳細な脚注を付けました。本の長さ ‏ : ‎ 406ページ ASIN ‏ : ‎ B0BP7B2XSX 発売日 ‏ : ‎ 2022/12/5

<楽しく読もう!>

<『史記』を読み、人生を楽しむ>

カテゴリー

<今日の神話は明日の歴史となる>

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

<インターネット電子図書館>

  •  ★『知慧珠』☆ -chikeisyu- 「漢文が面白くなる中学生・高校生・初学者向け特集」 … (1) 書き下し文・現代語訳がすぐ見つかる!…(2) 漢文を横目で見て歴史を楽しむ!…(3) 目から耳から歴史ドラマを五感で楽しむ!…(4) 漢文を楽しむ手段・方法・電子書籍・紙字書・参考書・メディア・リンクを紹介!…☆『知慧珠』★
  •  ★江戸時代の学者が漢籍を注釈し、初学者向けに平易な文で解説した『漢籍国字解全書・先哲遺著』 全46巻。 荻生徂徠 解説の『孫子』や林羅山の『古文真宝後集』他多数。->国会図書館デジタルコレクション(旧・近代デジタルライブラリー)
  •  ★先秦、前漢、後漢の「漢文」,「キーワード検索」,「原典[影印本]の画像確認」に役立つ。…中国哲学書電子化計画(Chinese Text Project)        
    中國哲學書電子化計劃
  •  ★著作権の消滅した作家、 「芥川龍之介」,「幸田露伴」, 「中島敦」, 「夏目漱石」, 「森鴎外」, 「吉川英治」ら作品を<<無料で読める>>…青空文庫             

特集ページ

<文字の玉手箱…『文選』>

< 漢詩を楽しむ…『唐詩三百首』 >

<古典『古文』参考書>

<漢文電子書籍を見つけよう!>

キツツキ君 Page TOP へ飛んでください!

  • キツツキ君!Page TOPへ飛翔せよ!